ペンシルベニア大学ウォートン校、メタバース経済のプログラム開講

ペンシルベニア大学ウォートン校、メタバース経済に関するプログラム開講

米ペンシルベニア大学ウォートン校が、プリズムグループ(Prysm Group)と共同で、メタバース経済に関するオンラインプログラムを開始することを7月26日に発表した。

ペンシルベニア大学はアメリカ東部の上位私立大学群アイビーリーグの一校であり、ウォートン校は同大学のビジネススクールとして運営されている。

プリズムグループはハーバード大学で博士号を取得したエコノミストが中心となって、経済学的な知見を活用したコンサルティングおよび経営者教育を提供する企業だ。

今回発表されたオンラインプログラム「メタバース経済におけるビジネス(Business in the Metaverse Economy)」では、メタバースに関する技術やその発展を推進する経済要素、メタバースが今後生み出す価値などを学ぶことができる。メタバース関連のプログラムの開講はアイビーリーグでは初とのことだ。

ウォートンスクールはこのプログラムの目的を「ビジネスリーダーがメタバース市場で生まれる数兆円の価値を獲得するために必要なモデルや戦略を開発するためのフレームワークを提供する」ことと説明している。

プログラムは6人のウォートンスクールの教授とアドビ(Adobe)、ユニティ(Unity)、ニューヨークタイムズ(New York Times)などに所属する12人の実務専門家による講義で構成されており、期間は6週間、対象者は経営者や技術的な専門家となっている。またこのプログラムはオンラインで開催され、受講者はメタバース空間を実際に利用して学習体験を行うことができるとのことだ。

ウォートンスクールのケビン・ワーバック(Kevin Werbach)教授はこのプログラムについて以下のようにコメントしている。

「メタバースは重要かつ広範な現象でありながら、まだ十分に理解されていません。私たちは、ビジネスリーダー、コンサルタント、起業家に、メタバースがもたらす機会について理解し、価値あるソリューションを構築するための実践的な知識を身につけてもらいたいと考えています」


参考:ペンシルベニア大学ウォートンスクール 
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Stanislav-Vostrikov・jauhari1

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した