ペンシルベニア大学ウォートン校、メタバース経済のプログラム開講

ペンシルベニア大学ウォートン校、メタバース経済に関するプログラム開講

米ペンシルベニア大学ウォートン校が、プリズムグループ(Prysm Group)と共同で、メタバース経済に関するオンラインプログラムを開始することを7月26日に発表した。

ペンシルベニア大学はアメリカ東部の上位私立大学群アイビーリーグの一校であり、ウォートン校は同大学のビジネススクールとして運営されている。

プリズムグループはハーバード大学で博士号を取得したエコノミストが中心となって、経済学的な知見を活用したコンサルティングおよび経営者教育を提供する企業だ。

今回発表されたオンラインプログラム「メタバース経済におけるビジネス(Business in the Metaverse Economy)」では、メタバースに関する技術やその発展を推進する経済要素、メタバースが今後生み出す価値などを学ぶことができる。メタバース関連のプログラムの開講はアイビーリーグでは初とのことだ。

ウォートンスクールはこのプログラムの目的を「ビジネスリーダーがメタバース市場で生まれる数兆円の価値を獲得するために必要なモデルや戦略を開発するためのフレームワークを提供する」ことと説明している。

プログラムは6人のウォートンスクールの教授とアドビ(Adobe)、ユニティ(Unity)、ニューヨークタイムズ(New York Times)などに所属する12人の実務専門家による講義で構成されており、期間は6週間、対象者は経営者や技術的な専門家となっている。またこのプログラムはオンラインで開催され、受講者はメタバース空間を実際に利用して学習体験を行うことができるとのことだ。

ウォートンスクールのケビン・ワーバック(Kevin Werbach)教授はこのプログラムについて以下のようにコメントしている。

「メタバースは重要かつ広範な現象でありながら、まだ十分に理解されていません。私たちは、ビジネスリーダー、コンサルタント、起業家に、メタバースがもたらす機会について理解し、価値あるソリューションを構築するための実践的な知識を身につけてもらいたいと考えています」


参考:ペンシルベニア大学ウォートンスクール 
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Stanislav-Vostrikov・jauhari1

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored