web3ブログ「Mirror」、サブスク機能発表

web3ブログ「Mirror」、サブスク機能発表

分散型ブログプラットフォーム「ミラー(Mirror)」が、サブスクリプション機能を開始したことを7月26日に発表した。

サブスク機能を開始したこで、読者は自分のウォレットで「ミラー」のあらゆる記事を購読し、新しいコンテンツが投稿されるとメールで通知を受けることができるようになるという。またクリエイターにとっては、サブスク機能によって、ウォレットベースのコミュニティ構築が可能になるようだ。

ウォレットベースのサブスク機能は、コミュニティチャットルーム、トークンドロップ、コミュニティ分析ダッシュボードなど、エコシステムで毎日使われる他のツールとの組み合わせが可能だと、発表されている。また将来的には、ウォレットやトークンの既存のリストと組み合わせて、コミュニティドリブンのコンテンツ機能を実現することもできるとのことだ。

なおリリースではいますぐ利用可能なサブスクのユースケースとして「web3の主要な思想家によるエッセイを購読」、「DAOとweb3 プロジェクトからの週次アップデートを購読」、「購読者へのトークンおよび NFT のエアドロップ」、「NFTミントに対する加入者のホワイトリスト化」、「加入者限定のガバナンス提案」などが挙げられている。

また「ミラー」は、今年の5月に「Writing NFT」機能を実装している。「Writing NFT」機能が実装されたことで、クリエイターは自らの文章をNFTとしてミントし、供給量とその価格を自由に設定できるようになった。


参考:ミラー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/fizkes

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。