NFT「CryptoNinja」のP2Eゲーム、IEO検討へ、オーケーコインジャパンで

NFT「CryptoNinja」のP2Eゲーム、IEO検討へ

日本で暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するオーケーコイン・ジャパンが、ハッシュパレットのゲームスタジオ部門「ハッシュゲームス(HashGames)」が開発・提供するP2E(Play To Earn)のブロックチェーンゲーム「CryptoNinja Party!(クリプトニンジャパーティー)」のゲームトークンのIEO(Initial Exchange Offering)実施の検討段階に入ったことを7月26日に発表した。なおIEO検討予定のトークンの名称は「CryptoNinja Party!トークン(CNPT)」とのことだ。

「CryptoNinja Party!」はイケダハヤト氏がマーケティング担当で、Rii氏がイラスト担当のNFTコレクション「CryptoNinja NFT」から派生して生まれたブロックチェーンゲームである。

なおIEO予定のゲームトークンは、コミュニティとゲームを共創する「Create to Earn」エコシステムの基軸トークンになることを目指しているという。これは将来的にコミュニティが『CryptoNinja Party!』内のゲーム制作を行う機能実装を予定しているためとのこと。

また今年の7月1日から13日の間に、NFTマーケットプレイス「PLT Place」で同ゲームのNFTセールを行い、抽選申込総額10,530,000PLT(7月上旬時点日本円換算 : 2億6千万円以上)を記録したとのことだ。

「PLT Place」はNFT特化のブロックチェーン「パレット(Pallet)」が採用されており、ユーザーはガス代など手数料無料で売買できる。また決済は「パレットトークン(PLT)」とクレジットカードに対応している。

なおゲームリリースは2022年冬の予定となっている。またオーケーコイン・ジャパンでIEOを実施した後、OK Groupと共同でトークンのグローバル展開を推進していく方針だ。

HashPalette代表取締役CEO 吉田世博氏は次のようにコメントしている。

「この度は『CryptoNinja Party! (クリプトニンジャパーティー)』のゲームトークンのIEOに向けオーケーコイン・ジャパン様と共に取り組めることを大変嬉しく思います。今回ゲームトークンのIEOを実施する『CryptoNinja Party!』は、日本を代表する大人気NFTコレクションである「CryptoNinja」のキャラクターを活用し、コミュニティ内で協力プレイや対戦プレイを行うブロックチェーンゲームです。グローバル展開を強力に後押ししてくれるパートナーとして100ヶ国以上でサービス展開する世界最大級の暗号資産取引所グループであるOK Groupの日本法人であるオーケーコイン・ジャパン様にご協力いただき、『CryptoNinja Party!』を世界中で愛される人気タイトルに育てていきます。今後、コミュニティと共創する『Create to Earn』エコシステムを実現し、⽇本を代表するP2Eゲームプロジェクトになるよう尽⼒して参ります」

NFTコレクション「CryptoNinja」ファウンダーのイケダハヤト氏は次のようにコメントしている。

「世界的な取引所に『CryptoNinja』の名前を冠するトークンが上場する可能性がある……このたびの発表には興奮しています!『CryptoNinja』は、世界中の誰もが自由に商用利用できる、Web3時代のキャラクターブランドです。オーケーコイン・ジャパン様、HashPalette様の両社の力を借り、『CryptoNinja』はさらに飛躍していくでしょう。この挑戦を成功に導けるよう、最大限、尽力して参ります」

ちなみにIEOとはトークンによる資金調達を暗号資産取引所が支援し、具体的には主体となって発行体のトークンを販売するモデルのことだ。国内においてIEOを実施したのは、Hashpalette(ハッシュパレット)によるコインチェックでのパレットトークン(Palette Token/PLT)と、サッカーJ2リーグに加盟する「FC琉球」によるGMOコインでの「FCRコイン(FCR)」となっている。

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。