テザー、英ポンドのステーブルコイン「GBPT」ローンチへ

テザーが英ポンドのステーブルコインをローンチへ

米ドルペッグのステーブルコイン「USDT」発行元のテザー社が、新たに英国ポンドとペッグしたステーブルコイン「GBPT」を7月初旬にローンチすることが6月22日分かった。「GBPT」が最初に対応するブロックチェーンは、イーサリアム(Ethereum)とのことだ。

英国財務省(HM Treasury)は今年4月、英国を世界的な暗号資産業界のハブにする為の計画を発表しており、ステーブルコインに対する法規制を整備していく方針を示している。

まずは法定通貨にペッグするステーブルコインを規制し、国内で決済手段として利用できるよう整備するとしている。またステーブルコインを決済手段として国内で使用できるようにする為、決済規制の範囲内に入れるよう立法化する意向とのこと。そしてステーブルコインの発行者やサービスプロバイダーが、英国で活動し投資する為の条件を整えていくとしている。

テザー社は米ドルと英ポンドの他に、ユーロやメキシコペソ、オフショア人民元、ゴールドにペッグされたステーブルコインを発行している。これらはテザーの準備金によって100%裏付けられているとのこと。

またテザー社発行の各ステーブルコインはそれぞれ、イーサリアムやポリゴン(Polygon)、ソラナ(Solana)、テゾス(Tezos)、クサマ(Kusama)、アルゴランド(Algorand)、イオス(EOS)、リキッドネットワーク(Liquid Network)、オムニ(Omni)、トロン(Tron)、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)、アバランチ(Avalanche)など様々なブロックチェーンに対応している。

関連ニュース

テザー社、USDTの裏付け資産に関する噂を否定

テザーUSDT、テゾス(Tezos)上で発行へ

テザーUSDT、ポリゴン(MATIC)上で発行

「USDT」のテザー、メキシコペソのステーブルコイン「MXNT」ローンチ

主要なステーブルコインの「リスク」を考察(USDC・USDT・BUSD・DAI・FRAX・MIM)

参考:テザー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/agcuesta・royyimzy

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達