テザー、英ポンドのステーブルコイン「GBPT」ローンチへ

テザーが英ポンドのステーブルコインをローンチへ

米ドルペッグのステーブルコイン「USDT」発行元のテザー社が、新たに英国ポンドとペッグしたステーブルコイン「GBPT」を7月初旬にローンチすることが6月22日分かった。「GBPT」が最初に対応するブロックチェーンは、イーサリアム(Ethereum)とのことだ。

英国財務省(HM Treasury)は今年4月、英国を世界的な暗号資産業界のハブにする為の計画を発表しており、ステーブルコインに対する法規制を整備していく方針を示している。

まずは法定通貨にペッグするステーブルコインを規制し、国内で決済手段として利用できるよう整備するとしている。またステーブルコインを決済手段として国内で使用できるようにする為、決済規制の範囲内に入れるよう立法化する意向とのこと。そしてステーブルコインの発行者やサービスプロバイダーが、英国で活動し投資する為の条件を整えていくとしている。

テザー社は米ドルと英ポンドの他に、ユーロやメキシコペソ、オフショア人民元、ゴールドにペッグされたステーブルコインを発行している。これらはテザーの準備金によって100%裏付けられているとのこと。

またテザー社発行の各ステーブルコインはそれぞれ、イーサリアムやポリゴン(Polygon)、ソラナ(Solana)、テゾス(Tezos)、クサマ(Kusama)、アルゴランド(Algorand)、イオス(EOS)、リキッドネットワーク(Liquid Network)、オムニ(Omni)、トロン(Tron)、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)、アバランチ(Avalanche)など様々なブロックチェーンに対応している。

関連ニュース

テザー社、USDTの裏付け資産に関する噂を否定

テザーUSDT、テゾス(Tezos)上で発行へ

テザーUSDT、ポリゴン(MATIC)上で発行

「USDT」のテザー、メキシコペソのステーブルコイン「MXNT」ローンチ

主要なステーブルコインの「リスク」を考察(USDC・USDT・BUSD・DAI・FRAX・MIM)

参考:テザー
デザイン:一本寿和
images:iStocks/agcuesta・royyimzy

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored