ソラミツと経産省、ベトナム・フィジー・フィリピン等で中銀デジタル通貨導入の調査事業開始

ソラミツがアジア大洋州の国々でCBDC導入に向けた調査事業開始

国内フィンテック企業ソラミツが、ベトナム、フィジー、フィリピン等でCBDC(中央銀行デジタル通貨)導入に向けた調査事業を開始したことが6月20日分かった。これら3ヵ国を含めたアジア大洋州の国々の中央銀行、金融当局にアプローチし、CBDCの導入に向けた潜在的なニーズ調査、導入の可能性の検討を行うとのことだ。

発表によるとこの取り組みは、経済産業省が実施する「令和4年度 質の高いインフラ及びエネルギーインフラの海外展開に向けた事業実施可能性調査事業」で、ソラミツは同事業へ採択されたという。

ソラミツは2020年より実運用が開始されているカンボジア王国のCBDC「バコン」を同国中央銀行・金融監督局であるカンボジア国立銀行と共同開発を行った。「バコン」にはソラミツ開発のオープンソースのブロックチェーン「Hyperledger Iroha」が利用されている。

この実績を基にソラミツは、ラオス人民民主共和国で独立行政法人国際協力機構(JICA)の支援を受け、CBDCの導入に関する基礎調査を実施中だという。

今回の事業ではCBDCの導入の対象国を広げるべく、ベトナム、フィジー、フィリピンなどへの調査を行うとのことだ。

なおソラミツは昨年12月、フィジー、ソロモン諸島、トンガ、バヌアツの4ヵ国とCBDC発行の検討を行うと発表していた。この取り組みでは、ソラミツがNTTデータ経営研究所のブロックチェーン関連業務の一部を受託したかたちで行われるとのことだった。

またカンボジア国立銀行によると、CBDC「バコン」は、昨年11月末時点において、ホールセール決済はのべ790万人の利用者となり、開始から約1年で国民(1670万人)の約2分の1に普及したとのことだ。なお「バコン」はカンボジアにおいて、大口の銀行間取引である「ホールセール決済」と国民や企業が日々の送金や支払いに活用する「リテール決済」の両方で利用されている。

関連ニュース

【取材】フィジーやトンガら4ヵ国、ソラミツと中銀デジタル通貨発行検討へ

Datachainとソラミツ、「ハイパーレジャーいろは」ネットワークの相互運用実証に成功

アジア開発銀行がブロックチェーン国際証券決済の実証実験。ソラミツ、富士通、R3、コンセンシスらと提携し

東レとソラミツ、ブロックチェーンでリサイクルポリエステルを管理する実証実験へ

【取材】ラオス中銀と日本のソラミツ、デジタル通貨開発に向け協業

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Who_I_am

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論