PwCが国内でNFTコンサル提供、会計・税務・法務支援含め

PwCが国内でNFTコンサル提供

国内コンサルティング企業のPwCコンサルティングが、企業向けにNFTのコンサルティングサービスを開始したことが6月14日に分かった。

NFTを活用したビジネスを検討する企業を支援のため、会計、ガバナンス、税務、法規制などの側面をおさえた、NFT活用に関するコンサルティングサービスの提供を行うとのことだ。

同社は、PwCあらた有限責任監査法人、PwC税理士法人、PwC弁護士法人と連携し、企業のニーズやフェーズに合わせ、包括的な事業戦略の立案からサービスローンチまでトータルに支援すると発表している。

具体的には調査、分析、エコシステム構築とアライアンス支援、実証支援、事業化伴走支援を実施するとのことだ。

さらに同社は「NFTという新しいテクノロジーには、『NFT事業実現に向けた信頼基盤構築』を前提とした『新市場創造戦略』が必要」としている。

信頼基盤は、事業の本稼働時また本稼働後におけるリスクの顕在化を防ぐため、リスクアセスメントとその結果に基づくガバナンスの整備を行い、構築していくとのこと。

また新市場創造戦略に関しては、競争領域と非競争領域の両輪により、持続可能かつ革新的な事業創出を支援していく方針とのこと。

なおPwCコンサルティングは、ブロックチェーンを活用した企業や社会課題の解決のための組織「ブロックチェーンラボラトリー」を2020年に開設している。

参考:PwC
images:iStocks/AntonioSolano・sumkinna
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored