OpenSeaでのNFT購入で、別NFTと暗号資産での決済可能に、「Seaport」発表

OpenSeaでのNFT購入で、別NFTと暗号資産での決済可能に

NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)が、新たNFTマーケットプレイスプロトコル「シーポート(Seaport)」を5月21日に発表した。

「Seaport」では、購入者が所有するNFTとトークンを組み合わせて、販売者のNFTと交換取引できるようになる。これまでは、販売されているNFTの購入方法はイーサなどの暗号資産決済のみだった。

つまり100ETH相当のNFTを、購入者は暗号資産60ETHと40ETH相当のNFTを組み合わせて支払い、取得することができるようになるようだ。また「Seaport」では、NFTオークション時に投銭(ティッピング)機能も追加されているとのこと。

そして「Seaport」のコアとなるスマートコントラクトはオープンソースで提供されるとのこと。また「Seaport」は分散化されており、オープンシーはコントラクトの所有者でもなく、自由にコードをアップグレードできるわけでもないとしている

発表では「このプロトコルはOpenSeaだけのものではなく、NFTのすべての構築者、クリエーター、コレクターのためのものです」と説明されている。

例えば、ラリブル(Rarible)など他のNFTマーケットプレイスも「Seaport」を活用できるようだ

ちなみに「Seaport」のスマートコントラクト監査は、OpenZeppelinがセキュリティレビューを行い、Trail of Bitsがプロトコル監査を実施したとのことだ。

参考:OpenSea
images:istocks/dalebor
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored