OpenSeaでのNFT購入で、別NFTと暗号資産での決済可能に、「Seaport」発表

OpenSeaでのNFT購入で、別NFTと暗号資産での決済可能に

NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)が、新たNFTマーケットプレイスプロトコル「シーポート(Seaport)」を5月21日に発表した。

「Seaport」では、購入者が所有するNFTとトークンを組み合わせて、販売者のNFTと交換取引できるようになる。これまでは、販売されているNFTの購入方法はイーサなどの暗号資産決済のみだった。

つまり100ETH相当のNFTを、購入者は暗号資産60ETHと40ETH相当のNFTを組み合わせて支払い、取得することができるようになるようだ。また「Seaport」では、NFTオークション時に投銭(ティッピング)機能も追加されているとのこと。

そして「Seaport」のコアとなるスマートコントラクトはオープンソースで提供されるとのこと。また「Seaport」は分散化されており、オープンシーはコントラクトの所有者でもなく、自由にコードをアップグレードできるわけでもないとしている

発表では「このプロトコルはOpenSeaだけのものではなく、NFTのすべての構築者、クリエーター、コレクターのためのものです」と説明されている。

例えば、ラリブル(Rarible)など他のNFTマーケットプレイスも「Seaport」を活用できるようだ

ちなみに「Seaport」のスマートコントラクト監査は、OpenZeppelinがセキュリティレビューを行い、Trail of Bitsがプロトコル監査を実施したとのことだ。

参考:OpenSea
images:istocks/dalebor
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored