グレイスケールの暗号資産企業株連動ETF、欧州初の上場へ

グレイスケールのETFが欧州で初の上場へ

米グレイスケール(Grayscale)の運用する暗号資産関連企業の株式指数と連動したETF(上場投資信託)が、初めて欧州で取引されることが5月16日分かった。

同社運用のETF「Grayscale Future of Finance UCITS ETF」が、ティッカーシンボル「GFOF」で、ロンドン証券取引所(LSE)、イタリア証券取引所、およびドイツ証券取引所のクセトラ(Xetra)に上場するとのこと。なおLSEでは米ドルと英ポンドとの2種類の取引が行われるため、英ポンドのティッカーは「GFOP」になる。イタリアとクセトラではユーロとの取引になる。

上場日についてはLSEとクセトラが5月17日、イタリアが5月20日を予定している。

また「GFOF」は、「Bloomberg Grayscale Future of Finance Index(ブルームバーグ・グレイスケール・フューチャー・オブ・ファイナンス・インデックス)」に基づき運用されるとのこと。

なおこのインデックス(指数)は、今後2年以内にデジタル経済の成長と総売上に大きく貢献すると予測された企業のパフォーマンスをトラッキングしたものだ。

このインデックスに選出されている企業は「金融基盤」、「デジタル資産インフラ」、「技術ソリューション」の3つのカテゴリーに分けられており、コインベース(Coinbase)やシルバーゲートキャピタル(SilvergateCapital Corporation)、ロビンフッド(Robinhood Markets)、ペイパル(PayPal Holding)、ギャラクシーデジタル(Galaxy Digital Holdings)、バックト(Bakkt Holdings)、ブロック(Block:旧スクエア)など22社。四半期毎にリバランスされる予定となっている。

なおグレースケールは2月に同社初となるETF「Grayscale Future of Finance ETF」をティッカー「GFOF」としてニューヨーク証券取引所(NYSE)で上場させている。

こちらも同じく「Bloomberg Grayscale Future of Finance Index」に基づき運用されており、ティッカーも同じ「GFOF」であることから、今回欧州で上場した「GFOF」は2月にNYSEで上場したETFの欧州版となるようだ。

なお現在グレイスケールでは、主要暗号資産によって構成されるファンド「Grayscale Digital Large Cap Fund(GDLC)」やDeFi(分散型金融)10銘柄で構成される「Grayscale DeFi Fund」も運用している。

関連ニュース

グレイスケール初のETFがNY証券取引所で取引開始、コインベースなど22社のインデックスで運用

グレースケールのバスケット型ファンドのリバランス、AVAXやDOT追加、SUSHI削除も

米グレースケール、スマートコントラクト関連銘柄バスケット型ファンド「GSCPxE」提供

次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請

グレースケールの暗号資産ファンドに、ソラナ(SOL)とユニスワップ(UNI)が追加

グレースケール、機関投資家向けのDeFiファンドとインデックスを立ち上げへ

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和

images:iStocks/kieferpix

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored