米グレースケール、スマートコントラクト関連銘柄バスケット型ファンド「GSCPxE」提供

グレースケールがスマートコントラクト関連銘柄のバスケットファンド提供開始

米暗号資産(仮想通貨)運用会社グレースケール(Grayscale Investments)が、複数の暗号資産銘柄に投資を行うファンド「Smart Contract Platform Ex-Ethereum Fund(GSCPxE)」の提供を開始したことが3月22日分かった。

発表によるとこのファンドは、イーサリアム(ETH)以外のスマートコントラクト機能を持つブロックチェーンの暗号資産に資金配分をして投資を行う金融商品とのことだ。

同ファンドの投資対象銘柄は、カルダノ:Cardano (ADA)、ソラナ:Solana (SOL)、アバランチ:Avalanche (AVAX)、ポルカドット:Polkadot (DOT)、ポリゴン:Polygon (MATIC)、アルゴランド:Algorand (ALGO)、ステラ:Stellar (XLM)の7銘柄となっている。なおポルカドットについては、メインチェーンである「リレーチェーン(Relay Chain)」ではスマートコントラクトが利用できないが、「リレーチェーン」に接続される「パラチェーン(Parachain)」によりスマートコントラクト機能が担保されている(例:Moonbeam・Astar)。

なおイーサリアムがこのファンドの投資対象外となった理由は「過去1年間の爆発的な成長から多くの投資家がETHに割り当てたため」で「現在、スマートコントラクトプラットフォームセクターの残りの部分にエクスポージャーを得る需要がある」と説明されている。

「GSCPxE」は、グレースケールの子会社でもあるクリプトメディアCoinDeskが提供するインデックス(指数)に基づき運用される。また投資配分については、各暗号資産の時価総額によって判断がされるとのことだ。

3月16日時点では、ADA:24.63%、SOL:24.27%、AVAX:16.96%、DOT:16.16%、MATIC:9.65%、ALGO:4.27%、XLM:4.06%となっている。

なおグレースケールでは、ビットコインやイーサリアム、ライトコイン、ベーシックアテンショントークン、チェーンリンクなど単一の銘柄に投資する商品の他、「GSCPxE」のように複数の銘柄に投資するデジタル・ラージキャップ・ファンド(Digital Large Cap Fund)とディファイファンド(DeFi Fund)の2つがある。

デジタル・ラージキャップ・ファンドでは、時価総額の大きい暗号資産に対し投資を行う。3月22日時点ではビットコイン(BTC):64.76%、イーサリアム(ETH):28.12%、カルダノ(ADA):2.56%、ソラナ(SOL):2.23%、ライトコイン(LTC):0.67%、ビットコインキャッシュ(BCH):0.61%、チェーンリンク(LINK):0.57%、ユニスワップ(UNI):0.48%となっている。

またディファイファンドは、ユニスワップ(UNI):40.99%、アーベ(AAVE):13.68%、メイカー(MKR):13.50%、アンプ(AMP):7.26%、カーブ(CRV):7.08%、ヤーン(YFI):5.93%、コンパウンド(COMP):4.91%、シンセティック(SNX):4.50%、スシスワップ(SUSHI)2.15%の9銘柄による配分がされている。

関連ニュース

グレースケールの暗号資産ファンドに、ソラナ(SOL)とユニスワップ(UNI)が追加

グレースケール、機関投資家向けのDeFiファンドとインデックスを立ち上げへ

グレースケール・デジタル・ラージキャップ・ファンド、SEC報告対象企業に

グレースケール、暗号資産投資信託にカルダノ(ADA)追加

DCG、子会社グレースケールのイーサリアムクラシック投信株式を約55億円相当購入へ

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Aramyan・Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/2話題】イーサのパブリックテストネットZhejiang公開、分散型データストレージシステムBNB Greenfieldなど(音声ニュース)

イーサリアム、ステーク出金機能対応のパブリックテストネット「Zhejiang」公開、BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表、コンセンシス、無料web3学習プラットフォーム「MetaMask Learn」提供開始、c0ban取引所が業務再開、エクシアから独立しCoin Masterとして、欧州投資銀行、ポンド建てデジタル債券発行へ、暗号資産ハッキング被害、昨年が過去最高の38億ドル、北朝鮮グループが主導か、分散型取引所Dexalot、アバランチ(AVAX)サブネットでローンチ、SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携、LINE NFT、物件仲介手数料が0.5ヶ月分になるNFT「サクラノスマイ」発売へ、クロスチェーン通信プロトコル「レイヤーゼロ」、重大な脆弱性の指摘を否定、フットサルチーム「ポルセイド浜田」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored