G20参加国FATFに10月までに基準明確化求める、経産省分散型システムの調査報告書発表、中国ブロックチェーン向けの1640億円のファンドを設立など6つのニュースを紹介(ブロックチェーン・仮想通貨ニュース)。

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが音声でお届けます。

7月24日のニュース

  • G20閉幕、参加国はFATFに10月までに基準の明確化を求める
  • 経産省、分散型システムに対応した技術・制度等に係る調査報告書を発表
  • 中国人の仮想通貨長者、海外不動産投資を積極に行う
  • 中国・南京市、ブロックチェーン向けに約1640億円のファンドを設立
  • VALUが個人投資家 千葉功太郎氏を引受先とする4500万円追加資金調達を実施
  • ゲームアプリ内でビットコインを報酬として配布できる「CryptoChipsクリプトチップス byGMO」を2018年8月より提供開始

再生は以下から(以下の再生ボタンを押していただいて10秒程度お待ちください)

images:iStock / artsstock・liulolo

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている