G20参加国FATFに10月までに基準明確化求める、経産省分散型システムの調査報告書発表、中国ブロックチェーン向けの1640億円のファンドを設立など6つのニュースを紹介(ブロックチェーン・仮想通貨ニュース)。

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが音声でお届けます。

7月24日のニュース

  • G20閉幕、参加国はFATFに10月までに基準の明確化を求める
  • 経産省、分散型システムに対応した技術・制度等に係る調査報告書を発表
  • 中国人の仮想通貨長者、海外不動産投資を積極に行う
  • 中国・南京市、ブロックチェーン向けに約1640億円のファンドを設立
  • VALUが個人投資家 千葉功太郎氏を引受先とする4500万円追加資金調達を実施
  • ゲームアプリ内でビットコインを報酬として配布できる「CryptoChipsクリプトチップス byGMO」を2018年8月より提供開始

再生は以下から(以下の再生ボタンを押していただいて10秒程度お待ちください)

images:iStock / artsstock・liulolo

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

NRIがブロックチェーンを活用し日本初のデジタルアセット債とデジタル債発行、日立ソリューションズがConsensysと販売代理店契約を締結などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

野村総合研究所(NRI)がブロックチェーンを活用した日本初の「デジタルアセット債」と「デジタル債」を発行、日立ソリューションズが企業向けイーサリアムブロックチェーンプラットフォームの販売代理店契約をConsensysと締結、オーケーコインジャパンが金融庁認可の仮想通貨交換業者として登録を発表、ディーカレットが現物取引とレバレッジ取引のAPI提供を開始

日立ソリューションズが企業向けイーサリアムブロックチェーンプラットフォームの販売代理店契約をConsensysと締結

株式会社日立ソリューションズが、コンセンシス(ConsenSys)の分散型アプリケーションの構築環境を提供するイーサリアムブロックチェーンプラットフォーム「PegaSys Plus」の国内初の販売代理店契約を締結し、4月1日から販売開始することを明らかにした。

デジタルドルプロジェクトに23メンバーが追加、HSBCがCordaで100億ドル私募債デジタル化、博報堂らブロックチェーン活用の著作権侵害保護サービス開発などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

デジタルドルプロジェクトが新たな23のメンバーを発表、HSBCがCorda上で100億ドルの私募債をデジタル化したことを発表、博報堂とケンタウロスワークスと原本が共同でブロックチェーン活用の著作権侵害保護サービス「C-Guardian」を開発、バイナンスアカデミーが上海政府と共同でブロックチェーン技術産業研究所を設立へ

(追記あり)博報堂とケンタウロスワークスと原本が共同でブロックチェーン活用の著作権侵害保護サービス「C-Guardian」を開発

株式会社博報堂が、同社発足の「HAKUHODO Blockchain Initiative」と株式会社ケンタウロスワークスおよび原本株式会社と共同で、ブロックチェーン技術を活用して、デジタルコンテンツの著作権を管理・保護するサービスC-Guardian(シー・ガーディアン)を、開発したことを3月30日にプレスリリースにて発表した