バイナンスが韓国進出か、ウィンクルボス兄弟書籍出版、Google Cloudでブロックチェーンのアプリ開発が可能に、など7つのニュースを紹介(ブロックチェーン・仮想通貨ニュース)。

ラジオ「あたらしい経済ニュース」では、ブロックチェーン・仮想通貨・トークンエコノミーについての最新ニュースを編集部メンバーが音声でお届けます。

7月25日のニュース

  • CompTIAが一般社会人向けのブロックチェーンガイドブックを作成で話題!
  • 韓国通信キャリア最大手KTグループが独自のブロックチェーン技術を開発していることが明らかに
  • バイナンスが韓国市場進出か ウィンクルボス兄弟の本が出版か、映画『ソーシャルネットワーク』の原作者が執筆
  • Google Cloudでブロックチェーンのアプリ開発が可能に
  • シンガポール航空が、ブロックチェーンベースのロイヤリティプログラムを開始
  • 仮想通貨を採掘するアプリケーション、Honeyminerが登場

再生は以下から(以下の再生ボタンを押していただいて10秒程度お待ちください)

images:iStock / artsstock・dolphfyn

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

中国配車サービスDiDiやTikTokのBytedanceらがデジタル人民元の試験運用参加か、Coibaseが直接上場による株式公開検討か、CFTCが2020-2024の戦略計画発表などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

中国の配車サービスDiDiやTikTok運営のBytedanceらがデジタル人民元(DCEP)の試験運用に参加か、米暗号資産(仮想通貨)取引所Coibaseが2020年後半に直接上場による株式公開を検討か、米国商品先物取引委員会(CFTC)が「2020-2024の戦略計画」を発表、Brave(ブレイブ)が広告契約の取引所NYIAX(ナイアックス)と提携、ネットラーニングがデジタル修了証明書「オープンバッジ」を発行開始

(コメント追記:大同生命 共創戦略室課長 土川陽平氏/ディーカレット ビジネスアライアンスグループヘッド 葉山揚介氏)大同生命とディーカレットが自社ブランドのデジタル通貨発行の実証実験開始

T&D保険グループの大同生命保険株式会社と株式会社ディーカレットが2020年7月7日よりデジタル通貨発行に関する実証実験を開始したことを発表。目的は生命保険業へのデジタル通貨やブロックチェーンの応用可能性の検証とのことだ。

ChainalysisがシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達、VolvoがBC企業Circulorに出資、東海東京FHとトーセイが8月にデジタル証券をシンガポールで上場予定かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

Chainalysis(チェイナリシス)がシリーズBラウンドで1,300万ドルを追加調達、ボルボ(Volvo)が倫理的なサプライチェーンの実現に向けブロックチェーン企業サーキュラー(Circulor)に出資、東海東京FHとトーセイが8月にデジタル証券をシンガポールの取引所で上場予定か、「bitFlyer広報担当者コメントあり」bitFlyerとBrave Softwareがウォレット開発で業務提携を発表、国際半導体製造装置材料協会(SEMI)がブロックチェーンによる半導体の供給網管理システム構築へ