ダイヤモンド大手デビアス、トレーサビリティ保証に独自ブロックチェーン導入

デビアスがブロックチェーンでダイヤモンドトレーサビリティ

大手ダイヤモンド関連企業英デビアス(De Beers’)がダイヤモンドの生産管理を保証する為、自社開発のブロックチェーン「トラッカー(Tracr)」を導入したことが5月5日分かった。

南アフリカ共和国発祥のデビアスは、ダイヤモンドの採掘、流通、加工、卸売まで行っている企業。世界のダイヤモンド8割の供給量を誇っている。「ダイヤモンドは永遠の輝き」、「婚約指輪は給料3か月分」、「スゥイートテン・ダイヤモンド」は同社が掲げたキャッチコピーだ。

「トラッカー」はデビアスグループのダイヤモンド原産地から、デビアスからダイヤモンド原石の供給を受ける権利を持つ「サイトホルダー」、そして販売店舗に対し、100%の出所保証を提供する機能を持つという。

今回デビアスが「トラッカー」を導入したことにより、「サイトホルダー」がダイヤモンドの出所を改ざん不可能な記録として小売業者へ提供でき、また小売業者は「サイトホルダー」から購入するダイヤモンドの出所情報を確認できるとのことだ。

なお「トラッカー」の利用企業は、それぞれ自社専用の分散型プラットフォームを持つことができるという。ダイヤモンドなどのデータは許可した場合のみ共有され、また共有対象者も選択できるとのことだ。

また「トラッカー」は処理スピードとスケーラビリティが保証されており、1週間に100万個のダイヤモンド情報をプラットフォームに登録できるとのことだ。

デビアスのCEOブルース・クリーバー(Bruce Cleaver)氏は「デビアスは、ボツワナ、カナダ、ナミビア、南アフリカのパートナーと共にダイヤモンドを発掘しており、トラッカーへ長期投資したことにより、サイトホルダーと共に、規模に応じて不変のダイヤモンド出所保証を業界に提供できることを誇りに思います」、

「トラッカーは、出所からサイトホルダーまでの出所情報を安全なブロックチェーン上に保存することを可能にしています。また天然ダイヤモンドに対する信頼を支えるものであり、基準を高め、最終顧客への提供に対し期待が高まる、技術的変革の第一歩を意味します」とコメントしている。

関連ニュース

サーキュラーとロックテック、ブロックチェーンでEV電池「リチウム」のトレーサビリティ保証

UPDATERの電力トレーサビリティプラットフォーム、ソラナ(SOL)ブロックチェーンに切り替え

「あまおう」輸出をブロックチェーンで、chaintopeらのトレーサビリティ実証成功

伊藤忠、天然ゴムのブロックチェーントレーサビリティ 「PROJECT TREE」商用展開

サプライチェーンを変革する、ブロックチェーンのトレーサビリティ

参考:デビアス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Vdant

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道