セールスフォースやシティら、機関投資家向けツール開発Blockdaemonへ出資

セールスフォースやシティら、Blockdaemonへ出資

機関投資家向けブロックチェーンインフラ企業ブロックデーモン(Blockdaemon)が、新たにシティーベンチャーズ(Citi Ventures)、セールスフォースベンチャーズ(Salesforce Ventures)、テルストラベンチャーズ(Telstra Ventures)、インヴィクタグロース(Invicta Growth)から投資を受けたことを4月14日に発表した。なお出資額は明らかになっていない。

今年の1月にブロックデーモンは、シリーズCラウンドで2億700万ドル(262億円)を調達した。その際、同社の評価額は32億5000万ドル(約4100億円)となった。

また現在ブロックデーモンは、25以上のPoS(プルーフ・オブ・ステーク)のブロックチェーンを含む50以上のブロックチェーンをサポートしており、NFTに関するAPI機能を追加している。そして同社は機関投資家向けイーサリアムステーキングソリューションも開発中だ。

ブロックデーモンのCEO兼創設者のコンスタンティン・リヒター(Konstantin Richter)氏は、次のようにコメントしている。

「ブロックデーモンは安定的で安全なブロックチェーンインフラストラクチャを通じて、世界中の金融機関が暗号資産エコシステムに関与できるようにするため、世界で最もエリートな投資家たちが信頼を置いています。今回、Citi、Salesforce、Telstra、Invictaを世界トップクラスの金融機関・投資家を迎えることができて光栄です」

参考:Blockdaemon
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored