IOST財団、EVM開発者向け1億ドルファンド立ち上げ

IOST財団がEVM開発者向けの1億ドルファンド立ち上げ

IOST財団(IOST Foundation)が、EVM(イーサリアム仮想マシン)関連開発者向けの1億ドル(約125.5億円)規模のインセンティブファンドを立ち上げたことが4月12日分かった。

このファンドは次世代プロジェクト育成とIOSTのマルチチェーンエコシステムの飛躍的成長を目指したものであるとのこと。

またこのファンドは3月31日にIOST財団が発表した、相互接続されたブロックチェーンネットワークを構築するプロジェクト「Entroverse(エントロバース)」による取り組みのようだ。IOSTのブロックチェーン上に構築されるdApps(分散型アプリケーション)に限らず、他のEVM対応チェーンで展開されているプロジェクトやマルチチェーン展開の計画も支援対象となるとのことだ。

なおファンドの主要投資家としては、シンガポール拠点のベンチャーキャピタル「Big Candle Capital(BCC)」の名前が挙がっている。

発表によると「Entroverse」によるファンドは、「New Ecosystem Fund(ニューエコシステムファンド)」と「Accelerator Fund(アクセラレーターファンド)」の2つによって構成されているとのこと。

「New Ecosystem Fund」は、IOSTのブロックチェーン上に構築されるアプリケーションやメインネットインフラ、ツールの拡張を対象に資金が利用されるとのこと。BCCによるブロックチェーン市場分析レポートやトークンのデザイン支援、dAppsにおける成功事例の分析情報、プロモーションやメディアサポートが提供されるという。

また「Accelerator Fund」では、開発チームやプロジェクトに資本金などが支給されるという。IOSTチェーン上でアプリケーションを構築するチームへの資金援助や、ユーザー活動や預け入れ総額(TVL)に基づきボーナスの不定期支給、業界未経験の開発者チームに対してのサポートが提供されるとのことだ。

関連ニュース

FTX、「JASMY」と「IOST」を先物で取扱へ

オーケーコインジャパン、IOST保有者への「DON」エアドロップを日本円付与で決定

オーケーコインジャパン、IOSTステーキングサービス開始日決定

ハッシュパレット、IOST財団と戦略パートナーシップ締結

RIZINのNFTマーケットプレイスを解説 スポーツ×NFTの可能性とは?

参考:IOST
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も