バイナンスが「第64回グラミー賞」公式パートナーに

バイナンスが「第64回グラミー賞」公式パートナーに

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、米国の音楽グラミー賞主催の「レコーディング・アカデミー(Recording Academy)」とパートナーシップ契約を締結したことが4月1日分かった。

今回の提携によりバイナンスは暗号資産取引所として、「第64回グラミー賞」と「グラミー賞ウィークイベント」の初の公式パートナーになるとのことだ。

また年間を通してレコーディング・アカデミーと協力し、同組織の会員やイベント、イニシアチブに様々なWeb3ソリューションと体験を提供し続けるとしている。

今回のパートナーシップの詳細については、後日発表される予定とのこと。また「第64回グラミー賞」は、4月3日20時(東部標準時)にCBSテレビネットワークで放送される予定だ。

レコーディング・アカデミーは昨年11月、Tezos(テゾス)基盤の音楽専門NFTプラットフォームONE OF(ワンオフ)とパートナーシップ契約を締結したことを発表している。

この提携により第64、65、66回グラミー賞を記念したNFTコレクションをリリースするとのことで、NFTの詳細については「第64回グラミー賞」に先立って公開するとしていた。またNFTの収益の一部は、レコーディング・アカデミーのスカラーシップ・ファンドに寄付される予定とのこと。

関連ニュース

バイナンスが「Binance Bridge 2.0」発表、非上場のイーサリアム銘柄も対応

バイナンスが「Learn and Earn(学んで稼ぐ)」プログラム、報酬に暗号資産

バイナンス、カナダのオンタリオ州でのサービス停止を約束

バイナンス、DEXの「Biswap(BSW)」上場

バイナンス、ドバイで暗号資産取引所のライセンス取得

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Дмитрий-Ларичев

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した