コカコーラとDiginexら、ブロックチェーンで労働のリスク管理する「diginexLUMEN」開発

ブロックチェーンで労働のリスク管理する「diginexLUMEN」開発

香港に本社を持つデータソリューションスタートアップのディジネックス(Diginex)が、ブロックチェーンを活用したサプライチェーンのリスク管理プラットフォーム「diginexLUMEN」を提供開始したことが3月16日分かった。

「diginexLUMEN」はコカ・コーラおよび消費財メーカーのレキット(Reckitt)と共同で開発したとのこと。

「diginexLUMEN」の利用により、複雑なサプライチェーンにおける労働条件について比較可能な情報を収集・検証し、リスク計算を自動化するという。ガバナンスや労働者による意見調査の他、リスクに関するスコアリングとESGに則したレポートが提供されるとのことだ。

なおブロックチェーンを活用することで、透明性とセキュリティを担保するようだ。

「diginexLUMEN」は、人権デューデリジェンスと強制労働に関する法律が世界的に強化されていることを受けて開発されたと説明されている。

今年2月に欧州委員会(EC)は、グローバルなバリューチェーンにおける人権と環境への影響に取り組むため、「企業の持続可能性デューデリジェンスに関する指令:Directive on Corporate Sustainability Due Diligence」の提案を発表した。この指令は、リスクの高い特定の分野の企業に対して、自社の事業・子会社・バリューチェーンにおける人権や環境への悪影響を軽減するためのデューデリジェンス義務を課すものである。

なおディジネックスではブロックチェーンを活用した、企業のESGに関する管理プラットフォーム「diginexESG」、企業のカーボンフットプリントの改善を支援する環境管理プラットフォーム「diginexCLIMATE」の提供も行っている。

関連ニュース

日本取引所グループが「環境債」の証券トークン化検討、ブーストリー「ibet for Fin」で

日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応

TIS、ブロックチェーン活用の「環境価値移転管理システム」開発

佐賀市がリアルタイムでの環境価値の電子証書化に成功、ブロックチェーン「Tapyrus」活用(chaintope 北川広氏へ取材)

参考:Diginex
デザイン:一本寿和
images:iStocks/banjongseal324

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored