暗号資産リスク(LSK)、フォビジャパンで上場へ

フォビジャパンでリスク上場へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所フォビジャパンが、新たに暗号資産リスク:Lisk(LSK)の取り扱いを開始することが2月21日分かった。

発表によるとリスクの取り扱いは、フォビジャパンの取引所および販売所サービスにて2月21日15時頃より開始する予定とのこと。

現物のみの取り扱いで、対象サービスは販売所および取引所における送金・受取・購入・売却となる。なおフォビジャパン(WEB)およびフォビジャパンアプリがサポート対象だ。

フォビジャパンでの新規銘柄上場は、1月のシンボル:Symbol(XYM:ジム)以来となる。また国内においてリスクを取り扱うのは、ビットフライヤー、コインチェック、オーケーコイン・ジャパンに続き4例目となる。

現在フォビジャパンの取引所ではビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、リップル(XRP)、フォビトークン(HT)ベーシックアテンショントークン(BAT)オントロジー(ONT)、トロン(TRX)、クオンタム(QTUM)、ジム(XYM)を取り扱っており、LSKが加わることにより同取引所での取り扱い暗号資産銘柄は全部で16種類となる。

関連ニュース

シンボル(XYM)、フォビジャパンで上場へ

フォビジャパン、XRP保有者へのソロジェニック(SOLO)エアドロップ対応 

フォビジャパン、IEO事業参入へ準備開始

トロン(TRX)とクオンタム(QTUM)、フォビジャパンで上場

参考:フォビジャパン
デザイン:一本寿和
images:iStock/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ