米ヴァルキリーのビットコインマイニングETF、取引開始

ヴァルキリーのビットコインマイニングETFが取引開始

米投資会社ヴァルキリー・インベストメント(Valkyrie Investments)の「ヴァルキリー・ビットコイン・マイナーズ・ ETF(Valkyrie Bitcoin Miners ETF)」がナスダックに上場し、2月9日より取引が開始した。

「ヴァルキリー・ビットコイン・マイナーズ・ ETF」は、純資産の80%以上をビットコインのマイニング事業で利益を得ている企業に投資するETF(上場投資信託)だ。ティッカーシンボル「WGMI」として取引されている。

ブルームバーグを確認すると「WGMI」は始値26.20USDより取引開始となり、安値25.94USD、高値27.30USDを付けている(日本時間2/9 15:00時点)。

ヴァルキリーは昨年11月、13種類のネットワーク基盤のDeFiプロトコルに投資する「ヴァルキリー・オンチェーン・DeFiファンド:Valkyrie On-Chain DeFi Fund」を立ち上げた。

また米国において3例目のビットコイン先物ETF「ヴァルキリー・ビットコイン・ストラテジーETF(ValkyrieBitcoin Strategy ETF:BTF)」を取り扱う他、ビットコイン(BTC)やポルカドット(DOT)、アルゴランド(ALGO)やダッシュ(DASH)、トロン(TRX)、ジリカ(ZIL)などの暗号資産に関する投資信託も取り扱っている。

関連ニュース

米ヴァルキリー、1億ドル規模のDeFi関連ファンドをローンチへ

ヴァルキリーのビットコイン先物ETFが今夜取引開始へ、米国3例目の承認

Valkyrieビットコイン現物ETF承認判断が再延期、SEC最終回答は1月に

参考:SECブルームバーグ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・sdecoret

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない