Valkyrieビットコイン現物ETF承認判断が再延期、SEC最終回答は1月に

Valkyrieの現物ビットコインETF承認判断が再延期

米投資会社ヴァルキリー・インベストメント(Valkyrie Investments)が申請中のビットコインの現物ETF(上場投資信託)の承認可否の判断が再度延期されたことが分かった。来年2022年1月7日が最終判断期日となる。

ヴァルキリーのビットコイン現物ETF「Valkyrie Bitcoin Fund:ヴァルキリー・ビットコイン・ファンド」は今年4月に申請が行われ、米SEC(証券取引委員会)はその判断を6月、8月、10月と延期していた。次の期限は12月8日となっていたが、今回の延期は期日の約1か月前の判断となった。

SECは判断の期間を最大で申請の受理日から240日間延ばすことができ、次回1月7日の期日が最終の判断日となる。

なおヴァルキリーは、米国3例目のビットコイン先物ETF「ヴァルキリー・ビットコイン・ストラテジーETF(ValkyrieBitcoin Strategy ETF)」を10月22日より開始している。

また2例目のビットコイン先物FTFを取り扱う米資産運用会社ヴァンエック(VanEck)も現物ETFをSECへ申請しており、その最終承認可否が11月14日に決定している。

このETFが承認されれば米国初のビットコイン「現物」ETFの事例となり、続く申請にも影響があると思われる。

関連ニュース

ヴァルキリーのビットコイン先物ETFが今夜取引開始へ、米国3例目の承

米SECがVanEckビットコインETF承認再延期、最終回答は11月

参考:SEC
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・Foryou13

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/28話題】LINE NFTがNFT無料配布機能、STEPNで「GMT」獲得可能になど(音声ニュース)

LINE NFT、「NFT無料配布機能」提供へ、LINEの暗号資産「リンク(LN)」、Gate. ioに上場へ、STEPNで「GMT」獲得可能に、レべル30で本日中に開始、アスター(ASTR)とGincoが提携、企業向けカストディソリューション提供で、米ロビンフッドがノンカストディアルweb3ウォレット「Robinhood Wallet」β版公開、ポリゴン(MATIC)対応で、クリスティーズ、オンチェーンオークションの「Christie's 3. 0」提供開始、OpenSea、イーサリアムL2「Optimism」基盤のNFTサポート開始、マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供、ホットリンクとモバファクが業務提携、NFT事業拡大に向け、岐阜県恵那市がBC活用「脱炭素・経済循環システム」実証事業、日本ガイシ・リコー・IHIらと、【取材】traveryとDMM、国内web3エンジニア増加目指し「Tokyo web3 Hackathon」を開催へ、デジタルガレージが「THE NEW CONTEXT CONFERENCE TOKYO 2022 Fall」開催、ローレンス・レッシグら登壇

Sponsored

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。