米コインベースでCrypto. com Protocol(CRO)上場

米コインベースでCRO上場

米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて暗号資産クリプトドットコムプロトコル:Crypto.com Protocol(CRO)の上場を11月3日発表した。

なおコインベースプロでは先月10月28日にクリル:Kryll(KRL)、エルシーエックス:LCX(LCX)、スク:SUKU (SUKU)、オリジントレール:OriginTrail(TRAC:トラック)の上場を発表している。新規銘柄の上場はCROで11週連続となった。なおCROはCoinbase.com(販売所)でも11月4日より取り扱いが開始している。

リリースによるとコインベースプロでのCRO取引開始は既に可能となっており、米コインベースのサービス対象全地域で対応している(日本は対象外)。

CROとの取引ペアはCRO-USD、CRO-USDTおよびCRO-EURとなっている。

クリプトドットコムプロトコルはCrypto.comチェーンのネイティブトークンだ。暗号資産決済サービス「Crypto.com Pay」でも利用されているERC-20規格のトークンだ。なおCrypto.com社は暗号資産取引所の運営や暗号資産決済可能なVisaカードを発行している。

またCROは、フォビグローバル(Huobi Global)、クコイン(KuCoin)、FTX、ゲート(Gate.io)、ビッサム(Bithumb)、ビットトレックス(Bittrex)、オーケーイーエックス(OKEx)、クリプトドットコム(Crypto.com Exchange)やユニスワップV3(Uniswap V3)などで取り扱われている。なお時価総額は約7,600億円となる(11/4コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

米コインベースプロでKryll(KRL)、LCX(LCX)、SUKU (SUKU)、OriginTrail(TRAC)上場

参考:コインベースプロコインベース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【10/5話題】OasysがtofuNFTと提携、マスターカードがCrypto Secureローンチなど(音声ニュース)

【取材】ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、tofuNFTと提携、マスターカード、暗号資産取引の安全性を高める「Crypto Secure」ローンチ、ブロックチェーンゲームのホライゾンが約58億円調達、SFTマーケをローンチへ、NFTの第3四半期売上高が急減、第2四半期比で60%減、スイスのルガーノ市、マクドナルドでビットコイン・USDT・LVGA支払可能に、フィデリティ、イーサリアム(ETH)のインデックスファンド提供開始、FTXグローバル、「Mycelium(MYC)」と「GMX(GMX)」取り扱いへ、バイナンス、DeFiの「GMX(GMX)」取り扱いへ、Bリーグの青森ワッツ、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored