金融庁、日本円ステーブルコイン発行を銀行と資金移動業者に制限か=報道

日本円連動ステーブルコイン発行について規制強化か

法定通貨を裏付けとする暗号資産(仮想通貨)のステーブルコインについて、金融庁が規制をかける方針であることを12月7日に日経新聞が報じた。

ステーブルコインの発行体を銀行と資金移動業者に限り、仲介業者も新たに監督対象とする方針のようだ。これにより利用者が損失を被るリスクを下げるとのこと。

報道によると、金融庁のこの動きは、先行して規制強化の流れが強まっている米国にあわせたものであるとのこと。2022年の通常国会に資金決済法改正案の提出を目指すという。

またステーブルコインの取引・管理を担う仲介業者を監督対象に加えることにより、利用者の本人確認や、犯罪の疑いのある取引の報告など、犯罪収益移転防止法(犯収法)で定められた措置を求めるとしている。

現在日本国内での主なステーブルコインの動きとしては、74の企業・銀行・自治体・団体が参加する「デジタル通貨フォーラム」が、円建てのデジタル通貨「DCJPY(ディーシージェイピーワイ)」の2022年度中の実用化を目指し、今年度中に概念実証(PoC)を開始する予定がある。

また日本円連動の前払式扱いのステーブルコイン「JPYC」が今年1月より発行されており、昨日も松屋銀座の対象売場にて代理購入によるJPYCによる商品購入が可能になるなどの話題もあった。

ステーブルコインは暗号資産取引において重要な役割を持つものだけに、今後の規制の動向には注意が必要だ。

関連ニュース

【取材】松屋銀座、日本円ステーブルコイン「JPYC」での代理購入に対応

GMOの日本円ステーブルコインGYEN、米コインベースに上場

「ステーブルコイン発行は銀行に限定すべきでない」FRB理事が持論

米国の規制当局、「ステーブルコイン」の発行者を銀行のように取り締まるべきと発表

円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ

参考:日経新聞
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Who_I_am・ELIKA

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した