SBI、シンガポールの大手暗号資産取引所コインハコへ出資

SBIがシンガポールのコインハコへ出資

SBIホールディングスが、シンガポール最大の暗号資産(仮想通貨)取引所コインハコ(Coinhako)を運営するホールドビルド(Holdbuild Pte. Ltd.)へ出資を行ったことが12月7日分かった。

あたらしい経済編集部がSBIホールディングスのコーポレート・コミュニケーション部の担当者へ確認を取ったことろ、出資額は非公表とのこと。

コインハコはリテール向け暗号資産取引において、シンガポール最大の取引高と顧客数を有し、シンガポールで初めて規制当局よりデジタル通貨取り扱いのライセンスの承認を得た取引所だ。今後は個人や機関投資家向けの暗号資産取引所運営ライセンスも付与される予定で、東南アジア他国への事業展開も予定しているとのこと。

なおこの出資は、SBIのシンガポール子会社であるSBIベンチャーズシンガポール(SBI VENTURES SINGAPORE PTE. LTD.)及びSBIグループ運営のSBI・シグナム・アジムット・デジタルアセット・オポチュニティ・ファンド(SBI-Sygnum-Azimut Digital Asset Opportunity Fund)を通じた共同出資とのこと。

SBI担当者に確認を取ったところ、このファンドは、9月30日にSBIホールディングス、スイスのSygnum(シグナム)銀行グループ、イタリアのAzimut(アジムット)グループの3社が組成したものであるとのこと。

このファンドは最大7,500万米ドル(約83.8億円)まで資金調達し、主にDLTインフラ、分散型金融、レギュレーションテックに関連する革新的なテクノロジーを保有する有望なアーリーステージのスタートアップ企業に投資を行うという。なお対象とする地域は東南アジアとヨーロッパ地域を中心にすると組成時に発表されている。

また今回の出資が、このファンド組成後初の事例であるか現在確認を取っている。SBIより回答があり次第、こちらの記事に追記させて頂く予定だ。

以下2021.12.7 13:20追記

今回の出資は、SBI・シグナム・アジムット・デジタルアセット・オポチュニティ・ファンドの初の案件であると回答が得られた。

関連ニュース

SBIとシグナム銀行、伊Azimutが約83.8億円規模のデジタル資産関連企業向けファンド組成

シグナム銀行がピカソの絵画を証券トークン化、1株約60万円で購入可

デジタル銀行シグナム、イーサ2.0のステーキングサービス開始

スイスのシグナム銀行、DFINITYのインターネットコンピューター(ICP)のカストディと預金サービス開始

参考:SBI
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet・ChrisGorgioBadBrother

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored