スイスのシグナム銀行、DFINITYのインターネットコンピューター(ICP)のカストディと預金サービス開始

シグナム銀行、ICPのカストディと預金サービス開始

スイスのデジタルアセットバンクのシグナム銀行(Sygnum Bank)が暗号資産インターネットコンピューター(Internet Computer:ICP)のカストディ(資産保管業務)および預金サービスを開始することを5月18日発表した。

ICPは2016年に設立された非営利団体ディフィニティ(DFINITY)財団が開発を主導する分散型クラウド「Internet Computer」のガバナンストークンで、5月7日にローンチしている。

またシグナム銀行はインターネットコンピュータ協会の主要メンバーでもあり、ノードの運営も行っているとのこと。

リリースによるとICP取り扱い第1フェーズでは、ICP保有者はICPをシグナム銀行に預けることができ、そのICPは同行から分離されたウォレットに機関レベルのセキュリティで保管されるという。また第2フェーズではICP向けの銀行サービスが展開され、24時間365日のスポット取引やオプション取引が提供される予定とのこと。さらにICPトークンの保有に対してフィアットの流動性を提供するために、ロンバードローン(証券担保ローン)が提供される予定とのことだ。

参考:Sygnum Bank

(images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道