【取材】松屋銀座、日本円ステーブルコイン「JPYC」での代理購入に対応

松屋銀座でJPYCによる代理購入が可能に

松屋銀座の対象売場にて、日本円連動ステーブルコイン「JPYC(JPY Coin)」を使用した代理購入が12月6日より可能になることが分かった。リアル店舗でJPYCによる商品購入が可能となるのは初の事例となる。

この代理購入とは「JPYC」保有者が購入したい商品を、「JPYC」発行元のJPYC社に申し込み、JPYC社が松屋銀座から商品を代理で購入して販売する形式だ。

具体的にユーザーは、松屋銀座の対象売場にて商品を選び、お取り置き票に記入、そして商品代金、送料、消費税などの合計金額相当の「JPYC」を当日中にJPYC社に送付し、翌営業日に「JPYC」送付確認後に松屋銀座にて商品を受け取る(配送での受け取りも可能)という流れになっている。

なお代理購入の対象は200万円未満の商品となっており、また松屋銀座1階と2階のインターナショナルブティック、4階の宝飾・時計、7階家具・インテリアの各売り場での販売商品が対象となっている(一部対象外のショップ・商品あり)。

この代理購入サービス提供は、2021年12月6日~2022年11月30日の期間が予定されているとのことだ。

「JPYC」は1JPYC=1円で取引される日本円連動の前払式扱いのステーブルコイン。トークン規格「ERC-20」にて発行されているため、イーサリアム(メインネット)上での取引に利用可能だ。今年1月下旬よりJPYC社が発行・販売を行っている。

JPYC株式会社 代表取締役社長 岡部典孝氏に取材

あたらしい経済編集部は、PYC株式会社の代表取締役社長の岡部典孝氏に次の質問を行った。

–今回「代理購入」という仕組みを構築した理由は?

代理購入にした理由は「松屋銀座」で第三者型登録が完了しておらず、弊社からお売りする形のみ許されているからです。

JPYCが自社以外で使われると第三者型前払式支払手段になる可能性があり、その場合発行前に登録が必要になります。一方代理購入であれば利用者が契約するのは銀座松屋ではなくJPYC社なので自家型のまま使うことができるためです。

–今後「松屋銀座」と直接購入などを進める可能性はあるのでしょうか?

今回好評であればJPYCが第三者型登録を完了した以降、松屋さんでJPYCが使えるようになるかもしれません。

関連ニュース

日本円ステーブルコイン「JPYC」の直接現金化が可能に、PPRPが「買取所α版」リリース

取材】日本円ステーブルコインJPYC、USDCのサークルらから5億円資金調達

日本円ステーブルコイン「JPYC」が紫電ネットワークに対応、総額4000万円の流動性供給も

日本円ステーブルコイン「JPYC」、その魅力とは?(ゲスト:JPYC株式会社CEO岡部典孝氏)氏

12月号】注目の仮想通貨/ブロックチェーンニュースと重要イベント

デザイン:一本寿和
images:iStocks/VPanteon・sumkinna

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【8/17話題】FRBが銀行向けに暗号資産のガイダンス、Jump Cryptoがソラナのバリデータクライアント開発など(音声ニュース)

米FRB、暗号資産業務を検討する銀行向けにガイダンス発表、Jump Crypto、ソラナ(SOL)のバリデータクライアント開発へ、【取材】暗号資産決済導入を簡単に、「Slash Web3 Payment」メインネットローンチ、住友商事、ブロックチェーン活用の金属資源貿易PFを商業利用へ、美ら海ゴミゼロプロジェクト、FiNANCiEでトークン発行、【レポート】IOSTと⼤学研究室がweb3サマースクール開催、ブロックチェーン技術の教育と⼈材育成に貢献、アスターネットワーク(ASTR)が日本で「Astar Week」開催。VC、暗号資産取引所、web3スタートアップら集う

Sponsored

ジャンプクリプトがソラナのバリデータークライアント開発へ

米シカゴ拠点のブロックチェーンインフラ開発組織であるジャンプクリプト(Jump Crypto)が、ソラナネットワーク(Solana Network)用の新しいオープンソースバリデータクライアントの開発開始を8月17日発表した。ソラナネットワークのスループット(データ処理能力)と信頼性を高める取り組みとのこと。

【8/16話題】LINEのリンクがMEXCで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券がCordaで発行など(音声ニュース)

LINEの暗号資産「リンク(LN)」、MEXC Globalで上場、福岡市のプレミアム付電子商品券「ネクスペイ」、Cordaで発行、ポリゴン(MATIC)とボラ(BORA)が連携、クロスチェーン環境構築へ、イーサリアムL2開発StarkWare、新たにスケーリング技術「Recursive Proving」発表、ビットバンク、Flare Networksのエフエルアール(FLR)上場へ、クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場、Liquid by FTX、キャッシュ(QASH)とステラルーメン(XLM)上場廃止へ、米コインベース、Celer Network(CELR)上場へ、ビットバンク、対ビットコイン(BTC)取引ペア全銘柄取扱終了へ、バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業の予備ライセンス取得、クリプトドットコム、カナダで暗号資産事業者の事前承認取得

Sponsored