日本円ステーブルコイン「JPYC」が紫電ネットワークに対応、総額4000万円の流動性供給も

日本円ステーブルコイン「JPYC」がShiden Networkに対応

JPYC株式会社が、同社発行のステーブルコイン「JPYC」をステイクテクノロジーズ(Stake Technologies)のパブリックブロックチェーン、紫電ネットワーク(Shiden Network)に対応したことを11月1日発表した。

「JPYC」は1JPYC=1円で取引される日本円連動のステーブルコイン。トークン規格「ERC-20」にて発行されているため、イーサリアム(メインネット)上での取引に利用可能だ。

今回の対応により、クサマ(Kusama)エコシステム上でも「JPYC」を発行・流通ができるようになるとのこと。なおクサマはブロックチェーンの相互運用性(インターオペラビリティ)を目指すポルカドット(Polkadot)の10分の1規模の試験的なネットワークだ。

紫電ネットワーク上の「JPYC」は、JPYC Apps内のJPYC販売所にて販売しており、送金先ネットワークで「Shiden Network」を選択することで購入できるとのこと。なおJPYC販売所での「JPYC」購入は銀行振り込みでの対応となっており、暗号資産(仮想通貨)での購入はテストネットのみでの公開となっている。

また「JPYC」が紫電ネットワークに対応したことに合わせ、紫電ネットワークの開発をリードするステイクテクノロジーズは、「SDN/JPYC」ペアに対し総額4,000万円相当の流動性供給を実施したとのこと。

Astar Network/Shiden Networkのビルダーズプログラムに参加しているStandard Protocol(スタンダードプロトコル)、Kaco Finance(カコファイナンス)、PolkaEx(ポルカエックス)の3つのDEXに順次流動性供給するとのことだ。

紫電ネットワークは日本発のパブリックブロックチェーンであるアスターネットワーク(旧Plasm)とほぼ同じコードベースを使用して構築されており、ポルカドットの10分の1規模の試験的なネットワークであるクサマネットワークに接続することを目的に作られたブロックチェーンだ。

そして紫電ネットワークはクサマネットワークにおいてイーサリアム(Ethereum)やウェブアッセンブリー(WebAssembly)ベースのスマートコントラクトをサポートした分散アプリケーションのハブとなることを目指している。

関連ニュース

ステイクテクノロジーズ、紫電ネットワークで「dApp Staking」提供開始

【取材】ステイクが約33億円規模のファンド、開発者支援でアスターと紫電のエコシステム拡⼤目指す

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Lidiia-Moor

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した