DEXアグリゲーター「1inch Network」、シリーズBで約200億円調達

1inch NetworkがシリーズBで約200億円調達

DEX(分散型取引所)のアグリゲーターサービスを提供するワンインチ・ネットワーク(1inch Network)がシリーズBラウンドにて1億7,500万ドル(約200億円)の資金調達を完了したことが12月1日分かった。

このラウンドに参加した投資家は50にも及んだという。ジェーンストリート(Jane Street)、ヴァンエック(VanEck)、フェンブシキャピタル(Fenbushi Capital)、アラメダリサーチ(Alameda Research)、セルシウス(Celsius)、ネクソ(Nexo)、トライブキャピタル(Tribe Capital)、ジェミナイフロンティアファンド(Gemini Frontier Fund)らが参加したとのこと。

発表によると当初このラウンドでの資金調達目標は7,000万ドル(約80億円)に設定されていたが、ワンインチへの需要が上回り、今回の金額に増額されたという。

調達した資金は、新しいワンインチプロトコルの構築やワンインチのトークンのユーティリティの拡張、人材補強に利用されるとのこと。これにより今後数年間でチームの規模は2倍以上になるとしている。

またワンインチの共同創業者セルゲイ・クンツ(Sergej Kunz)氏によると、機関投資家へのサービス展開も目指しているとのことだ。

ワンインチはDEXアグリゲーターとして、複数のDEXを1つのプラットフォームに繋ぐことで、ユーザーが効率的なトークンスワップを出来るようにしている。ワンインチは昨年8月にバイナンスラボ(BinanceLabs)が主導する機関投資家グループから280万ドルを調達していた。

関連ニュース

DEXアグリゲーターのワンインチ(1inch)、オプティミスティック・イーサリアムへ対応

参考:ワンインチ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Arkadiusz-Warguła・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している