バイナンス、自律分散型組織の「Merit Circle(MC)」上場へ

バイナンス、MC上場へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)に、暗号資産メリッチサークル:Merit Circle(MC)が上場することが12月2日分かった。

今回の発表でバイナンスは今週で3銘柄を上場したことになる。日曜日にはヴォルケンフォージッド:VulcanForged PYR(PYR)、月曜日にはレンダー:Render(RNDR)が発表されている。

発表によるとMCは12月2日8:00(UTC:世界協定時)より取引が開始されるとのこと。取引ペアについてはMC/BTC、MC/BUSD、およびMC/USDTとなっている。

なおMCの入金については、取引の準備の為に既に可能となっており、引き出しについては12月3日8:00より開始される。

メリッチサークルはブロックチェーン・NFTゲームで遊んで稼ぐ(Play-to-Earn)の発展を目指す分散型自律組織(DAO)で、ゲームプレイヤーにDAOが保有するNFT資産をレンディングし活用している。MCはメリッチサークルのガバナンストークンで、ステーキングやプラットフォームの報酬などに利用されている。

なお現在MCはゲート(Gate.io)などの暗号資産取引所の他、ユニスワップV2(Uniswap V2)およびV3やゼロエックスプロトコル(0x Protocol)などの分散型取引所(DEX)で取り扱われている。時価総額は約4億円となっている(12/2 13:00コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

バイナンス、DeFiプロトコルの「Alchemix(ALCX)」上場へ

バイナンス、Render(RNDR)を上場

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。