フードデリバリーでビットコイン獲得、LolliとGrubhub提携

フードデリバリーでビットコイン獲得、LolliとGrubhub提携

ビットコインリワードサービス提供のロリー(Lolli)が、フードデリバリー企業グラブハブ(Grubhub)とのパートナーシップ契約の締結を12月1日に発表した。この提携によって、グラブハブのユーザーは注文するたびに無料でビットコインリワードを得られるようになるという。

ユーザーはロリーを使用することで、グラブハブでの最初の注文時に5ドル相当のビットコインを獲得でき、その後のすべての注文時に1ドル相当のビットコインを獲得できるようになるとのことだ。

ロリーのCEO兼共同設立者であるアレックス・アデルマン(Alex Adelman)氏は発表にて次のように述べている。

「ロリーの使命は、ビットコインをすべての人にとってより身近なものにすることであり、そのためにはビットコインを日常生活の一部にする必要があります。フードデリバリーは多くの人にとってすでに日常的なものになっていますが、このビットコインリワードによってビットコインを人々の日常の一部にしていきます。

グラブハブの注文ごとにユーザーにビットコインリワードを付与することは、ビットコインの普及にとって驚くべきマイルストーンであり、ビットコインを稼ぐことがこれまで以上に簡単で身近なものになります」

グラブハブのマーケティングディレクターのブリジット・スカンラン(Bridget Scanlan)氏は発表で次のようにコメントしている。

「グラブハブは、ロリーと提携しユーザーにさらなる価値を提供できることを嬉しく思います。私たちはPerkやGrubhub+などのリワードプログラムを持っていますが、常にお客様にとってより価値のあるものを提供したいと考えており、ロリーとのパートナーシップは私たちの取り組みをさらに強化するものです」

現在ロリーが提供するビットコインリワード機能は、Booking.com、eBayやLowesなど1,000以上ストアで利用可能だ。サービスの利用には「chrome ウェブストア」から拡張機能を追加する必要がある。

ちなみに以前は日本でも利用できていたが、現在は利用できなくなっている。

参考:ロリー(Lolli)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・royyimzy・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。