ブロックチェーンセキュリティ企業サーティック(CertiK)、約83億円調達しユニコーンに

サーティック、約83億円調達しユニコーンに

ブロックチェーンセキュリティ企業のサーティック(CertiK)が、シリーズB2ラウンドで約83億円(8,000万ドル)の資金調達を完了したことが12月1日に分かった。

サーティックは、ブロックチェーン関連のモニタリングツール「Skynet」や分析ツール「Security Leaderboard」などのプロダクトを提供しており、企業のセキュリティ監査のサポートを行なっている。

今回のラウンドはブロックチェーンセキュリティ分野の企業としては最大規模の資金調達であり、サーティックの企業評価額は約1,100億円(10億ドル)近くに達し、ユニコーン企業となったと発表されている。

このシリーズB2ラウンドは、セコイア・キャピタル・チャイナが主導し、既存の投資家であるタイガー・グローバル、コーチュー・マネジメント、GLベンチャーズ(ヒルハウス・キャピタルのVC部門)が参加した。また今回の資金調達は、サーティックにとって4ヶ月以内に行われた3回目のラウンドだという。

サーティックの年間収益は過去1年間で20倍、従業員数は4倍になったと発表されている。

なおサーティックは7月にCoatue Management、Coinbase Ventures、Binanceなどから約39億円の資金調達を行なっている。

また昨年同社は国内で暗号資産取引所「Liquid by Quoine」を運営するQUOINEをグループに持つ、リキッドグループとの業務提携を行なっている。

参考:サーティック(CertiK)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother・kirstypargeter・artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない