フィデリティのビットコイン現物ETF、今週中にカナダで取引開始か

フィデリティのビットコイン現物ETF、今週中にカナダで取引開始か

世界最大手の資産運用企業フィデリティ(Fidelity)のビットコイン現物ETFが今週中にカナダで取引開始される予定であることが分かった。

ブルームバーグのシニアETFアナリストのエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏がツイートにて明らかにした。

このビットコイン現物ETFの名称は「Fidelity Advantage Bitcoin ETF」で、トロント証券取引所に上場する予定となっている。

11月にフィデリティはカナダでデジタルアセットに関する取引およびカストディソリューションを提供することを発表し、あわせて「Fidelity Advantage Bitcoin ETF」と「Fidelity Advantage Bitcoin ETF Fund)」の仮目論見書を提出していた。

今回、取引が開始される予定の「Fidelity Advantage Bitcoin ETF」はフィデリティ・クリアリング・カナダが提供するカストディアンサービスを利用するという。

カナダではすでにビットコイン現物ETFが取引されている。代表的なのは「3iQコインシェアーズ(3iQ Coinshares)」、「パーパス・ビットコイン(Purpose Bitcoin)」、「CIギャラクシー・ビットコイン(CI Galaxy Bitcoin)」だ。またカナダでは3つのイーサリアム現物ETFもすでに取引されている。

ちなみにビットコインおよびイーサリアム現物ETFは全てトロント証券取引所で取り扱われている。

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・Simon-Lehmann

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【10/5話題】OasysがtofuNFTと提携、マスターカードがCrypto Secureローンチなど(音声ニュース)

【取材】ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、tofuNFTと提携、マスターカード、暗号資産取引の安全性を高める「Crypto Secure」ローンチ、ブロックチェーンゲームのホライゾンが約58億円調達、SFTマーケをローンチへ、NFTの第3四半期売上高が急減、第2四半期比で60%減、スイスのルガーノ市、マクドナルドでビットコイン・USDT・LVGA支払可能に、フィデリティ、イーサリアム(ETH)のインデックスファンド提供開始、FTXグローバル、「Mycelium(MYC)」と「GMX(GMX)」取り扱いへ、バイナンス、DeFiの「GMX(GMX)」取り扱いへ、Bリーグの青森ワッツ、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored