フィデリティのビットコイン現物ETF、今週中にカナダで取引開始か

フィデリティのビットコイン現物ETF、今週中にカナダで取引開始か

世界最大手の資産運用企業フィデリティ(Fidelity)のビットコイン現物ETFが今週中にカナダで取引開始される予定であることが分かった。

ブルームバーグのシニアETFアナリストのエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏がツイートにて明らかにした。

このビットコイン現物ETFの名称は「Fidelity Advantage Bitcoin ETF」で、トロント証券取引所に上場する予定となっている。

11月にフィデリティはカナダでデジタルアセットに関する取引およびカストディソリューションを提供することを発表し、あわせて「Fidelity Advantage Bitcoin ETF」と「Fidelity Advantage Bitcoin ETF Fund)」の仮目論見書を提出していた。

今回、取引が開始される予定の「Fidelity Advantage Bitcoin ETF」はフィデリティ・クリアリング・カナダが提供するカストディアンサービスを利用するという。

カナダではすでにビットコイン現物ETFが取引されている。代表的なのは「3iQコインシェアーズ(3iQ Coinshares)」、「パーパス・ビットコイン(Purpose Bitcoin)」、「CIギャラクシー・ビットコイン(CI Galaxy Bitcoin)」だ。またカナダでは3つのイーサリアム現物ETFもすでに取引されている。

ちなみにビットコインおよびイーサリアム現物ETFは全てトロント証券取引所で取り扱われている。

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/LongQuattro・Simon-Lehmann

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored