メタ(旧フェイスブック)のデジタル通貨事業責任者デビッド・マーカス辞任へ

メタのデジタル通貨事業責任者デビッド・マーカス辞任へ

メタ(Meta/旧フェイスブック社)のデジタル通貨事業ノビ(Novi)の責任者デビッド・マーカス(David Marcus)氏が年末に退任する予定であることが11月30日に分かった。

マーカス氏は責任者として、2019年にデジタル通貨「リブラ(現ディエム)」の構想を発表した。ただその後、米国含め各国の金融当局との議論が長引き、事業化が難しい状態になっていた。

そして今年10月にノビはパイロット版がローンチされた。そのパイロット版で利用可能な通貨は米パクソス社が開発・運用する米ドルステーブルコイン「USDP」となっている。USDPを選定した理由は準備金が米ドルに完全に裏付けられていて、100%現金および現金同等物で保有されているからという。

今後「ノビ」が規制当局の承認を受けることができれば、「ディエム」の決済ネットワークに移行する予定にもなっていた。

マーカス氏は退任する理由に関して「ノビを立ち上げた後もやるべきことはたくさんありますし、決済や金融システムに変革をもたらす必要性については相変わらず情熱を注いでいますが、私の起業家としてのDNAを無視し続けることは難しかった」と説明している。マーカス氏は数ヶ月間、休暇を取り、プロダクトを開発し始めるとのことだ。

メタとノビが今後、事業としてどのように連携していくかは注目だ。メタのCEOであるマーク・ザッカーバーグとマーカス氏の間で、事業における妥協点が見つけられなかったのは、確かではないだろうか。

ちなみにマーカス氏の後任は、ステファン・カスリー(Stephane Kasrie)が担う。

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pavelns

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【1/26の話題】IMFがエルサルバドルのBTC法定通貨化の見直し勧告、PleasrDAOが約78億円調達中かなど(音声ニュース)

IMF、エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の見直しを勧告、PleasrDAO、約78億円を調達中か、ソフトバンクG元副社長の佐護勝紀やアニモカら、岩瀬大輔創業のNFTプラットフォーム「Kollektion」に出資、アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携、ポルカドットパラチェーンのアカラ(ACA)、クラーケングローバルに上場、ビートルズ記念品がNFTに、ジュリアン・レノンがオークション販売へ、【取材】書籍出版にDAOを活用する「DAO BOOK PROJECT」開始、コインベースも協力、九工大とchaintope、「カーボンニュートラル・キャンパス」を目指し連携

Sponsored