メタ(旧フェイスブック)のデジタル通貨事業責任者デビッド・マーカス辞任へ

メタのデジタル通貨事業責任者デビッド・マーカス辞任へ

メタ(Meta/旧フェイスブック社)のデジタル通貨事業ノビ(Novi)の責任者デビッド・マーカス(David Marcus)氏が年末に退任する予定であることが11月30日に分かった。

マーカス氏は責任者として、2019年にデジタル通貨「リブラ(現ディエム)」の構想を発表した。ただその後、米国含め各国の金融当局との議論が長引き、事業化が難しい状態になっていた。

そして今年10月にノビはパイロット版がローンチされた。そのパイロット版で利用可能な通貨は米パクソス社が開発・運用する米ドルステーブルコイン「USDP」となっている。USDPを選定した理由は準備金が米ドルに完全に裏付けられていて、100%現金および現金同等物で保有されているからという。

今後「ノビ」が規制当局の承認を受けることができれば、「ディエム」の決済ネットワークに移行する予定にもなっていた。

マーカス氏は退任する理由に関して「ノビを立ち上げた後もやるべきことはたくさんありますし、決済や金融システムに変革をもたらす必要性については相変わらず情熱を注いでいますが、私の起業家としてのDNAを無視し続けることは難しかった」と説明している。マーカス氏は数ヶ月間、休暇を取り、プロダクトを開発し始めるとのことだ。

メタとノビが今後、事業としてどのように連携していくかは注目だ。メタのCEOであるマーク・ザッカーバーグとマーカス氏の間で、事業における妥協点が見つけられなかったのは、確かではないだろうか。

ちなみにマーカス氏の後任は、ステファン・カスリー(Stephane Kasrie)が担う。

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/pavelns

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。