陸上の寺田明日香選手、FiNANCiEでトークン発行

陸上の寺田明日香選手、FiNANCiEでトークン発行

ブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」にて、陸上競技女子100mハードル日本記録保持者の寺田明日香選手のトークン発行と販売開始が10月12日発表された。

寺田明日香選手は陸上競技女子100mハードルで日本選手権を3連覇するも一度競技を引退した経歴を持つ選手。2016年に7人制ラグビーに競技転向する形で現役復帰し、2019年に陸上に復帰。2021年には東京五輪に出場し準決勝進出を果たしている。

今回FiNANCiEでは、寺田明日香選手が発行するトークンを活用して、デジタル上でファンとのエンゲージメントをより深める体験を提供し、アスリートとファンとの新しいファンモデルを確立していくファンコミュニティ運営を支援するとのことだ。

なおトークンを購入した保有者については、投票企画への参加やアプリ内の限定コミュニティに参加することや、特典への応募ができる。なお保有しているトークン数の割合によって当選確率が変動する仕組みとなっている。

現在発表されている特典企画として「トークン保有者限定のオンラインコミュニティへ招待」や「寺田明日香スポンサー商品・着用アイテムのプレゼント」、「寺田明日香・チームメンバー含むオンラインMTGプログラムへの参加」などが挙がっている。

ファンディングの実施期間は10月12日15:00~11月26日22:00までの予定となっている。

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【5/21話題】デジタルカーボンクレジット決済に「JPYC」活用の検討、英判事がクレイグライトは嘘ついたと指摘など

デジタルカーボンクレジット決済に「JPYC」活用の検討開始、三菱UFJ信託・プログマ・KlimaDAO JP・オプテージら、自称ビットコイン発明者クレイグライト、主張裏付けのため繰り返し嘘をついたと英国判事が指摘、国内初、バイナンスジャパンに「サイバーコネクト(CYBER)」上場へ、国内3例目のマスクネットワーク(MASK)も、Gala Gamesがセキュリティインシデント報告、50億GALAが不正発行、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、渋谷区と提携し小委員会設立へ、トレント大教授、ブロックチェーンの耐量子暗号システムへの移行の必要性を指摘、ミームコイン作成・取引の「Pump. Fun」元従業員逮捕、約125億円の損失被害後