バイナンス、10億ドル規模のグロースファンド立ち上げへ

バイナンス、10億ドル規模のグロースファンド立ち上げへ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所であるバイナンスが、10億ドル(約1,130億円)規模のグロースファンドを立ち上げることが10月13日分かった。

このグロースファンドでは、暗号資産やブロックチェーン分野において、成長性や収益性を見込んだプロジェクトなどを選定し投資を行うようだ。

発表によるとこのファンドでは、「人材育成」「流動性インセンティブプログラム」「ビルダー&インキュベーション(事業支援)プログラム」「投資プログラム」の4つの分野に分けた投資を行うとしている。

「人材育成」には1億ドルが充てられる。大学への学術奨学金の提供、ブートキャンプの運営、最先端のブロックチェーンイノベーションの研究開発支援などに投資を行い、人材の育成を目指すとのことだ。

「流動性インセンティブプログラム」にも1億ドルが充てられる。イノベーション、TVL(預入総額)、アクティブユーザー、取引量に基づいて、バイナンススマートチェーン(BSC)における特定のプロトコルに報奨金を提供するとのこと。

「ビルダー&インキュベーションプログラム」には3億ドルが充てられる。そのうち1億ドルはハッカソンやバウンティプログラム、開発者会議の開催などに利用し、残りの2億ドルはBSC上位100のdApps(自律分散型アプリケーション)及びインフラ提供者の育成に利用される。

そして5億ドルが「投資プログラム」に充てられる。この資金は分散型コンピューティング、ゲーム、メタバース、バーチャルリアリティ、AI(人工知能)、金融サービスなどの成長に活用され、バイナンススマートチェーンに限らず、全てのブロックチェーンインフラをサポートするとのことだ

なお発表によると、プログラムのより詳細な情報は、今後数週間のうちに発表されるとのことだ。

現在世界各国の規制によって、バイナンスが運営する暗号資産取引所事業は楽観的な状況ではない。一方同社が開発する独自ブロックチェーンであるバイナンススマートチェーンはDeFiなどでのユースケースが増えてきおり、今回のファンドは取引所以外の事業部分の拡大施策の一つとも考えられる。

参考:バイナンスチェーン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催