バイナンス、10億ドル規模のグロースファンド立ち上げへ

バイナンス、10億ドル規模のグロースファンド立ち上げへ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所であるバイナンスが、10億ドル(約1,130億円)規模のグロースファンドを立ち上げることが10月13日分かった。

このグロースファンドでは、暗号資産やブロックチェーン分野において、成長性や収益性を見込んだプロジェクトなどを選定し投資を行うようだ。

発表によるとこのファンドでは、「人材育成」「流動性インセンティブプログラム」「ビルダー&インキュベーション(事業支援)プログラム」「投資プログラム」の4つの分野に分けた投資を行うとしている。

「人材育成」には1億ドルが充てられる。大学への学術奨学金の提供、ブートキャンプの運営、最先端のブロックチェーンイノベーションの研究開発支援などに投資を行い、人材の育成を目指すとのことだ。

「流動性インセンティブプログラム」にも1億ドルが充てられる。イノベーション、TVL(預入総額)、アクティブユーザー、取引量に基づいて、バイナンススマートチェーン(BSC)における特定のプロトコルに報奨金を提供するとのこと。

「ビルダー&インキュベーションプログラム」には3億ドルが充てられる。そのうち1億ドルはハッカソンやバウンティプログラム、開発者会議の開催などに利用し、残りの2億ドルはBSC上位100のdApps(自律分散型アプリケーション)及びインフラ提供者の育成に利用される。

そして5億ドルが「投資プログラム」に充てられる。この資金は分散型コンピューティング、ゲーム、メタバース、バーチャルリアリティ、AI(人工知能)、金融サービスなどの成長に活用され、バイナンススマートチェーンに限らず、全てのブロックチェーンインフラをサポートするとのことだ

なお発表によると、プログラムのより詳細な情報は、今後数週間のうちに発表されるとのことだ。

現在世界各国の規制によって、バイナンスが運営する暗号資産取引所事業は楽観的な状況ではない。一方同社が開発する独自ブロックチェーンであるバイナンススマートチェーンはDeFiなどでのユースケースが増えてきおり、今回のファンドは取引所以外の事業部分の拡大施策の一つとも考えられる。

参考:バイナンスチェーン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/metamorworks・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した