米決済ストライプ、暗号資産専門チーム「stripe Crypto」創設へ

米決済ストライプ、「stripe Crypto」創設へ

決済インフラ提供の米ストライプ(Stripe)が、新たに暗号資産専門チーム「stripe Crypto」を立ち上げたことが10月13日に分かった。

このチームのエンジニアとデザイナーの求人情報が公開された。ストライプの暗号資産に関するエンジニアリング部門の責任者を務めるギョーム・ポンシン(Guillaume Poncin)氏が自身のツイートで人材募集を告知した。

「stripe Crypto」の目的はweb3.0でのペイメントの未来を築き上げることと発表されている。

チーム創設の目的は「暗号資産の利用が世界中で拡大するにつれ、企業や個人が取引や価値創造を行うための新たなエキサイティングな手段が生まれています。

この分野の開発者やユーザーからは、支払いの受け入れ、資金の移動、法定通貨と暗号資産の交換などを行うためのニーズが高まっているようです。

これらの問題やニーズに焦点を当てることで、より速く、より信頼でき、より質の高い体験を生み出すことを目指しています」と求人情報で説明されている。

また「stripe Crypto」のエンジニアの役割については「暗号資産のユースケースをサポートするために必要なコアコンポーネントを設計・構築し、開発における新しい体験をゼロイチで生み出します。そしてウェブ/モバイルUIからバックエンド、ペイメント、アイデンティティシステムまで、あらゆる分野で活躍していただきます」と説明されている。

また採用条件として、10年以上のエンジニア経験が必要とされている。

ストライプは2014年に大手決済会社として初めてビットコインの受け入れを開始したが、現在はサービス提供を行なっていない。今回の採用とチーム設立により、改めて暗号資産の取り扱いについて積極的に進めていく可能性が伺える。

参考:ストライプ
images:iStocks/urzine・keko-ka
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【10/27の話題】アドビPhotoshopでNFTの真正性示す情報付与が可能に、テスラがBTC決済の再開の意向など(音声ニュース)

アドビ「Photoshop」でNFTの真正性示す情報付与が可能に、OpenSeaらNFTマーケットプレイスと提携、テスラ、ビットコイン決済の再開の意向を示す、【取材】電通国際情報サービスとKyuzan、NFTマーケットプレイス構築やメタバース活用に向け共同研究開始、【取材】暗号屋、NFT所有者だけがコンテンツを楽しめるメディアプロトコル「VWBL / ビュアブル」発表、米コインリストが約114億円調達、アジア利用者数も1年間で62倍に増加、セリエA「ナポリ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、グラファイトのサプライチェーンをブロックチェーンで、サーキュラーとアービックス

【10/26の話題】マスターカードとバックトがCaaS提供へ、ビットポイントがジャスミーとポルカドット上場など(音声ニュース)

マスターカードとバックト、銀行や企業に暗号資産サービス導入の「CaaS(Crypto-as-a-Service)」提供へ、約4兆円運用の韓国公的基金、来年からビットコインETFへ投資を計画か、【取材】ビットポイント、ジャスミー(JMY)を国内初上場、ポルカドット(DOT)も、1921点の重要文化財をNFT化へ、奈良県博物館「唐古・鍵 考古学ミュージアム」、福岡県遠賀町と福岡市南区でブロックチェーン活用プレミアム付商品券発行へ、博報堂や電通らの「JCBI」、消費者がNFTが正規なものか判断できる、ウォレットとコントラクトのアドレス認定事業開始、バイナンスNFT、競馬ゲーム「DeRace」のイニシャルゲームオファリング(IGO)実施へ、ナイジェリア、中銀デジタル通貨「eナイラ」ローンチ、中国大手eコマース「JD. COM」、記念NFTを初リリース