エルサルバドル国営銀行、ビットコイン活用の銀行システム開発へ

エルサルバドル国営銀行、ビットコイン活用の銀行システム開発へ

エルサルバドルの国営銀行「Banco Hipotecario」がビットコイン活用のため、複数のテクノロジー企業らと「ビットコイン・アライアンス( Bitcoin Alliance)」を結成したことが10月7日に分かった。

このアライアンスに参加するテクノロジー企業は、「API3」、「TESOBE」、「Qredo」、「Sovryn」だ。

アライアンスの目的は「ビットコインによる電子決済の民主化を加速させ、市民がデジタルや分散型取引のメリットを享受できるようにすること」とのこと。

そして「ビットコインを法定通貨として円滑かつ効果的に統合し、エルサルバドル国民の金融包摂を促進するために、国の大きな金融フレームワークをサポートしていく」と発表で説明されている。

なおアライアンスに参加する「API3」は、分散型オラクルソリューションを提供する企業だ。また「TESOBE」はオープンバンキングソリューションや銀行向けのAPIを提供している。

そして「Qredo」は分散型のカストディサービスを提供し、「Sovryn」はビットコインネットワークでスマートコントラクトが実装できるアプリケーションを提供している。

ちなみにアライアンスに「Qredo」が選ばれた理由は、エルサルバドルで提供されているビットコインのライトニング・ネットワークに互換性があるからとのこと。

出典:API3

このアライアンスでは、「TESOBE」と「API3」がエンドツーエンドのオープンデジタルシステムを設計し開発していく役割とのこと。

また「Qredo」はバンキングソリューションの分散型カストディアンとしての役割を担い、「Sovryn」は従来の銀行が顧客に融資、取引、ビットコイン担保付きステーブルコインなどのビットコインネイティブな分散型金融の商品を提供するためのインフラを提供する役割を担うとのことだ。

「Banco Hipotecario」のセリーナ・パディーヤ(Celina Padilla)代表は、「ビットコイン・アライアンス」結成について次のようにコメントしている。

「これはエルサルバドル国民のニーズをサポートする新しい金融商品を生み出す絶好の機会です。私たちは真の金融包摂の実現に向けてこれまで以上に目標達成に近づいており、Banco Hipotecarioが国家レベルでこの類の提携を実施した最初の銀行であることを誇りに思います。今や誰もがエルサルバドルと当行に注目しています」

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/RamCreativ・NatanaelGinting

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。