SBIがNFTアートオークション開催、スプツニ子!やケニーシャクターらの8作品出品

SBIがNFTアートオークション開催

SBIアートオークション株式会社が、10月30日にNFTアートオークション「NFT in the History of Contemporary Art: a Curated Sale by Hiroki Yamamoto」を開催することが分かった。

なお今回のオークションのゲストキュレーターは文化研究者の山本浩貴氏が務める。SBIアートオークションは山本氏とともに「美術史文脈でのNFT作品の位置づけや、NFT作品が実現する現代アートの未来について探る」と発表している。

オークション出品作品は全8点で、アーティストと作品名は次のとおりだ。

出品作品(出典:SBIアートオークション株式会社プレスリリース)

・セーワ・アテイファ(Serwah ATTAFUAH)《TERRA 2021》
・ルー・ヤン(LU Yang)《1. DOKU Hello World_LY/2. DOKU HUMAN》
・ユゥキユキ(Yu-KI YUKI)《「For your own good,」》
・ケニー・シャクター(Kenny SCHACHTER)《Money, Money, Money》
・スプツニ子! (Sputniko!)《The Moonwalk Machine – Selena’s Step》
・たかくらかずき(TAKAKURA Kazuki)《Goodbye Meaning》
・ウダム・チャン・グエン(UuDam Tran NGUYEN)《Waltz of The Machine Equestrians》
・デヴィッド・オライリー(David OREILLY)《POTATO》

なお作品のNFT化は、スタートバーン株式会社の協力のもと、アート流通のためのブロックチェーンインフラ「Startrail」を活用して実施しされ、作品の真正性や信頼性の担保および長期的な価値継承を支えるとのことだ。

開催⽇時は2021年10⽉30⽇(⼟)13時からヒルサイドフォーラム (〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟1F)で行われる予定だ。なお10月27日12〜19時と10月28日11〜19時に、作品の下見会も開催される。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」は代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。

そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。 なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

参考:プレスリリース

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。