バイナンスにRadicle (RAD)上場

バイナンスにRAD上場

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)に暗号資産ラディクル:Radicle (RAD:ラッド)が新たに上場することが10月7日分かった。

「Binance.com」での暗号資産上場は9月30日に取引が開始したボンフィダ:Bonfida (FIDA:フィダ)以来となる。なお「Binance.com」で提供されている、ボラティリティの高いトークンの取引に特化したプラットフォーム「イノベーションゾーン」ではアドベンチャーゴールド:Adventure Gold (AGLD)が5日より取引開始されている。

発表によるとRADは10月7日7:00(UTC:世界協定時)より取引が開始されるとのこと。取引ペアについてはRAD / BTC、RAD / BNB、RAD / BUSD、およびRAD / USDTとなっている。

なおRADの入金については取引の準備の為に既に可能となっており、引き出しについては10月8日7:00より開始される。

Radicle(RAD)は、「ソフトウェアコラボレーションのためのオープンソースでコミュニティ主導の自立したネットワーク」と自称するプロジェクト。イーサリアムトークンでもあるRADはRadicleのガバナンストークンであり、Radicleスマートコントラクトとやり取りする際の料金を削減またはゼロにできるとのこと。

現在RADは、フォビグローバル(Huobi Global)やコインベース(Coinbase)、Gate.ioなどの暗号資産取引所や、ユニスワップ(Uniswap )のV2およびV3や1インチ(1inch Exchange)などの分散型取引所(DEX)で取引が行われている。

関連ニュース

バイナンスに「Loot」の「Adventure Gold(AGLD)」上場

バイナンスにBonfida (FIDA)上場

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored