バイナンスにIlluvium(ILV)とYieldGuild Games(YGG)上場、またIOSTのDONエアドロップにも対応

バイナンスにILVとYGG上場

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)に暗号資産イルビウム:Illuvium(ILV)とイールドギルドゲームス:YieldGuild Games(YGG)が新たに上場することが分かった。

Binance.comでの暗号資産上場は9月13日に取引を開始したガラ:Gala(GALA)以来となる。

リリースによるとILVは世界協定時の9月22日6:00より、YGGは9月24日6:00より取引が開始される。 ILVとYGGの入金については取引の準備の為に既に対応済みだ。

取引ペアについてはILV / BTC、ILV / BNB、ILV / BUSD、ILV / USDTそしてYGG / BTC、YGG / BNB、YGG / BUSD、YGG / USDTとなっている。

ILVの引き出しについては9月23日6:00、YGGは25日6:00より開始される。

DONエアドロップ対応を発表

なおバイナンスは9月下旬に実施予定の「Donnie Finance」によるDONエアドロップに対応することも9月24日発表した。

DONエアドロップはIOSTのブロックチェーン上に構築された分散型金融(DeFi)プラットフォーム「Donnie Finance」が行うトークンの無料配布で、世界協定時の9月30日8:00以降に行われるIOSTの保有量のスナップショットに準じて、DON総供給量の5%が対象者に支払われる予定になっている。

なお「Donnie Finance」がエアドロップを実施するのは今回2回目となり、前回もバイナンスがエアドロップに対応していた。 なおバイナンスはエアドロップに際し、IOSTの入出金を9月30日7:45から一次停止するとのことだ。

ILVとYGGについて

イルビウムはクリーチャーを集めてバトルをする3D、RPGのブロックチェーンゲームだ。ILVはゲーム内通貨やゲームでの収益、またはガバナンス提案に利用することが出来る。 イールドギルドゲームスは仮想世界やブロックチェーンベースのゲームで使用されるNFTに投資するDAO(分散型自律組織)だ。

YGGはプラットフォーム・ユーティリティー・トークンであり、イールド・ファーミング(Defiサービスに暗号資産を預けて、流動性を提供する見返りに金利や手数料収入がもらえる仕組み)や、イールドギルドゲームスが提供する独占コンテンツへの支払いなどに利用できる。

関連ニュース

バイナンスにGala(GALA)上場

オーケーコインジャパンがIOST保有者へのDONエアドロップに対応、国内取引所で対応分かれる

参考:バイナンスILVバイナンスYGGバイナンスDON
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored