LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始

LINEがNFTの二次流通開始

LINEが提供するNFTマーケットプレイス「NFTマーケットβ」で、NFTの二次流通が本格開始したことが9月17日分かった。これまでもオープン記念のLINE BLOCKCHAIN限定NFTは二次流通できていたが、その他のIPのものも可能になったようだ。

また「NFTマーケットβ」で、IPホルダーやクリエイターが発行したNFTアイテムに、コンテンツ料を設定することも可能となったようだ。これにより発行したNFTが「NFTマーケットβ」でのユーザー間で売買される度に、発行元のユーザーは永続的に収益の一部を受けられるとのこと。

なおNFTマーケットの出品アイテムをサービスごとにまとめて見られる機能追加も行われとのことだ。

現在マーケット画面を確認したところ、前述の限定NFTに加え、LINEで応募主催のキャンペーンとして付与された「BROWN&FRIENDデジタルトレカ」NFTが流通している。 なおLINEに関連しない、他のIPのNFTは現時点では発行、出品はまだのようだ。

「NFTマーケットβ」はLINEのデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」にて、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたNFTアイテムの取引ができるマーケットプレイスだ。決済に利用できる暗号資産はLINEの独自暗号資産「LINK」となっている。開発はLINEの暗号資産(仮想通貨)事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社が行った。

また「NFTマーケットβ」提供開始の際には、正式版「NFTマーケット」のリリースは「今夏」になるとしていたが、今回の発表で「より機能を充実させた形で年内に提供を開始する予定」と改めて発表されている。

関連ニュース

ヤフーとLINEがNFT領域で連携、今冬より「ヤフオク!」で取引開始へ

LINEが「NFTマーケットβ」提供開始、決済通貨はLINK

LINE、NFT活用したデジタル景品の実証実験開始

参考:LINE
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Molnia

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。