LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始

LINEがNFTの二次流通開始

LINEが提供するNFTマーケットプレイス「NFTマーケットβ」で、NFTの二次流通が本格開始したことが9月17日分かった。これまでもオープン記念のLINE BLOCKCHAIN限定NFTは二次流通できていたが、その他のIPのものも可能になったようだ。

また「NFTマーケットβ」で、IPホルダーやクリエイターが発行したNFTアイテムに、コンテンツ料を設定することも可能となったようだ。これにより発行したNFTが「NFTマーケットβ」でのユーザー間で売買される度に、発行元のユーザーは永続的に収益の一部を受けられるとのこと。

なおNFTマーケットの出品アイテムをサービスごとにまとめて見られる機能追加も行われとのことだ。

現在マーケット画面を確認したところ、前述の限定NFTに加え、LINEで応募主催のキャンペーンとして付与された「BROWN&FRIENDデジタルトレカ」NFTが流通している。 なおLINEに関連しない、他のIPのNFTは現時点では発行、出品はまだのようだ。

「NFTマーケットβ」はLINEのデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」にて、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたNFTアイテムの取引ができるマーケットプレイスだ。決済に利用できる暗号資産はLINEの独自暗号資産「LINK」となっている。開発はLINEの暗号資産(仮想通貨)事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社が行った。

また「NFTマーケットβ」提供開始の際には、正式版「NFTマーケット」のリリースは「今夏」になるとしていたが、今回の発表で「より機能を充実させた形で年内に提供を開始する予定」と改めて発表されている。

関連ニュース

ヤフーとLINEがNFT領域で連携、今冬より「ヤフオク!」で取引開始へ

LINEが「NFTマーケットβ」提供開始、決済通貨はLINK

LINE、NFT活用したデジタル景品の実証実験開始

参考:LINE
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Molnia

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない