パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達

アバランチ財団、約250億円調達

パブリックブロックチェーン「アバランチ(Avaranche)」の運営・開発を行うアバランチ財団が、約250億円(2億3000万ドル)の調達を行なったことが9月16日に分かった。

発表によれば、投資を主導したのはPolychainとThree Arrows Capitalだ。さらにR/Crypto Fund、Dragonfly、CMS Holdings、Collab+Currency、Lvna Capital、複数のエンジェル投資家やファミリーオフィスらも投資したとのことだ。

アバランチ上には2020年9月にローンチして以降、Tether、SushiSwap、Chainlink、Circle、The Graphなどの主要なDeFiプロジェクトを含む270以上の分散型金融(DeFi)プロトコルが存在している。また1000以上のバリデーターノードがトークンをアバランチにステークしている状況になっている。

アバランチの特徴としては、スマートコントラクトプラットフォームであり、トランザクションの処理速度が速いことがあげられる。また独自通貨「AVAX」も発行しており、市場に流通している。

アバランチ財団(Avalanche Foundation)のディレクターであるエミン・ギュン・シラー(Emin Gün Sirer)氏は今回の調達に関して次のようにコメントをしている。

「同業他社に比べてアバランチは歴史が浅いにもかかわらず、将来性や可能性をDeFiのユーザーや開発者にとっての現実のインパクトや価値創造へと素早く転換させました。このネットワークの周りに集まっているビルダーのコミュニティは、その競争力の証であり、アバランチの従来型金融と分散型金融の交差点にはまだ多くの可能性が秘められています」

参考:アバランチ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Arkadiusz-Warguła・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した