DFINITY、インターネットコンピューター(ICP)上でNFT1万個を無料配布

インターネットコンピューター(ICP)上でNFT1万個が無料配布

非営利団体ディフィニティ財団(DFINITY Foundation)が、同団体が開発を主導する分散型クラウド「インターネットコンピューター(Internet Computer Protocol:ICP)」上で、初めてNFTをドロップするとして、10,000個のユニークなNFTを9月1日20:00に(UTC:協定世界時)無料配布を行った。

配布されたNFT「アイシーパンク(ICPunks)」はピエロをモチーフにしたキャラクターで、先日決済大手のVisaが購入したことでも話題となった有名なNFTアート「クリプトパンク(CryptoPunks)」や、1990年代のヒップホップデュオInsane Clown Posseの頭文字に触発されて制作したものであるとのことだ。

なお「アイシーパンク」の発表によると、10,000個の全NFTは配布開始後30分にて配布完了したとのことで、およそ6万人のユーザーがこのイベントに参加をしたとのことだ。また「アイシーパンク」のサイト公開後には8万9,000人が訪問し、無料配布の応募を行っていたことも発表されている。

インターネットコンピューターは2008年に構想され、今年5月にメインネットのローンチした。これまでにa16zやPolychain Capitalなどの投資家から1億200万ドル(約130億円)の資金調達を行っている。 現状アマゾンのAWSやGoogleが手がける特定の企業のクラウドコンピューティングサービスの分散化を、ブロックチェーンを活用し目指しているプロジェクトだ。 そのエコシステムで活用されるICPトークンは、現在米コインベースをはじめ多くの暗号資産取引所に上場している。

関連ニュース

DFINITYのICP(インターネットコンピューター)とは? イーサリアムと何が違う? 

Dfinity財団、ICPトークンが未登録証券と訴訟受ける

Dfinity財団、Internet Computerの開発者に約242億円の助成金提供

コインベースやフォビらがICPの取り扱い発表、ディフィニティの分散型ネットワーク「Internet Computer」がローンチ

決済大手VisaがNFTアート購入、CryptoPunksを約1,820万円で

参考:ICPunks公式ミディアム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored