決済大手VisaがNFTアート購入、CryptoPunksを約1,820万円で

決済大手VisaがNFTアート購入、CryptoPunksを約1,820万円で

決済大手のVisaがNFTアートを購入していたことをツイッターアカウント「VisaNews」で8月23日に明らかにした。

Visaが購入したNFTアートはクリプトパンク(CryptoPunks)というシリーズの「CryptoPunk 7610」で、ブロックチェーン上のデータによると購入したのは8月18日、その購入金額は49.5ETHで、現在価格にすると約1,820万円となる。

クリプトパンク(CryptoPunks)は、Matt Hall氏とJohn Watkinson氏が設立したニューヨークの企業「Larva Labs」が2017年に発表したNFTアートシリーズ。アルゴリズムで生成された24×24ピクセルのキャラクターが10,000個あり、同じものが全くなく、10,000個それぞれがユニークなデザインになっている。

当初は無料で配布され、その後は数十万円で取引されていたが、昨年末からのNFTの盛り上がりに合わせ、現在では高額で取引されている。

特にレアなデザインのものは高額で取引されており、今年3月にエイリアンがパイプを燻らせている「CryptoPunk 7804」が、4,200ETHで販売されて話題を呼んだ。

また5月にはクリスティーズのオークションでクリプトパンクの9枚の肖像画が約1700万ドルで落札されている。

今回Visaは「CryptoPunk 7610」の購入にあたって「過去60年間、Visaは初期の紙のクレジットカードからzip-zapマシンまで、歴史的な商取引の遺物のコレクションを構築してきました。今日、私たちがNFTコマースの新時代に参入する証として、VisaはCryptoPunk#7610を私たちのコレクションに歓迎します」とツイートしている。

またVisaは合わせて、NFTコマースの未来を牽引するクリエイター、コレクター、アーティストをサポートしていく方針も示した。

参考:Visa

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。