国産NFTマーケットプレイス「nanakusa」がクレジットカード決済対応

「nanakusa」がクレジットカード決済対応

NFTマーケットプレイス「nanakusa」を運営する株式会社スマートアプリが、「nanakusa」上で公認アーティストが発行・販売するNFTについてクレジットカード決済による購入機能をリリースしたことを8月10日発表した。

これまで「nanakusa」ではイーサ(Ethereum)とポリゴン(Polygon)での購入にのみ対応していたが、今回の機能アップデートによりクレジットカードによる日本円での決済が可能になる。対応カードブランドはVISA、Mastercard、JCB、AMEX、Dinersとのこと。

なおクレジットカード決済に対応するのは、公認アーティストが発行したNFTのうちクレジットカード決済も設定された一次販売のみ対象とのことだ。オークション販売には現在非対応のようだ。

今回の発表にあたり株式会社スマートアプリは「今回のクレジットカード決済対応により、NFT購入をもっと手軽に行える環境を実現、気軽にNFTに触れられる機会を提供して参ります」とコメントしている。

参考リンク:nanakusa

この記事の著者・インタビューイ

設楽悠介

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

「あたらしい経済」編集長/幻冬舎コンテンツビジネス局局長
幻冬舎でブロックチェーン/暗号資産専門メディア「あたらしい経済」を創刊。同社コンテンツビジネス局で編集や電子書籍事業、新規事業を担当。幻冬舎コミックスの取締役を兼務。「Fukuoka Blockchain Alliance」のボードメンバー。テレビ番組「スポットライト」(RKB)、ラジオ「テンカイズ」(TBS)にレギュラー出演。「みんなのメンタールーム(Amazon audible)」「風呂敷畳み人ラジオ(Voicy)」「あたらしい経済ニュース」等のポッドキャストも配信。著書に『畳み人という選択』(プレジデント社)。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored