【取材】ハッシュポートが前澤友作氏から約4.8億円調達発表、共同でブロックチェーン新サービスも

ハッシュポートが前澤友作氏から約4.8億円調達発表、共同でブロックチェーン新サービスも

株式会社ハッシュポート(HashPort)が株式会社スタートトゥデイ代表取締役の前澤友作氏を引受先とし、総額約4.8億円の資金調達を行なったことを8月3日に発表した。

ハッシュポートは、先日コインチェックで日本初のIEO (Initial Exchange Offering)を実施したパレットトークン(PLT)を発行する株式会社Hashpalette(ハッシュパレット)の親会社である。

ハッシュパレットはNFT特化ブロックチェーン「パレット(Palette)」を開発し、2021年3月よりテストネットを運用している。なおパレットのホワイトペーパーによるとメインネットローンチは8月を予定しているようだ。

ハッシュポートの発表によると、今回調達した資金は、パレットにおけるコンテンツの獲得とトークンエコシステムの拡大加速化に充当されるとのこと。

さらにハッシュポートは、今後前澤友作氏と共にブロックチェーンを活用した新しいサービスを提供予定とのことだ。詳細に関しては、順次発表していくようだ。

前澤友作氏は今回の出資にあたり次のようにコメントを寄せている。

今回いろいろなご縁もあって、ブロックチェーンのコンサルティング事業やNFT事業に強みを持つHashPortさんに投資させていただくことになりました。

トークンエコノミーやNFTなど、未来に新たな価値を生み出すブロックチェーンの技術に、また国内初のIEOに果敢に挑戦される企業風土や吉田社長にも大きな期待を抱いています。

私自身も積極的にこの新しい可能性に携わっていきたいと思います。

 ハッシュポート吉田世博氏へ取材

あたらしい経済編集部はハッシュポート代表取締役の吉田世博氏へ取材を行なった。

―調達した資金はトークンエコシステムの拡大加速化に充当とのことですが、具体的にどのような施策を計画してるのですか?

クリエイター様やコンテンツ企業様のパレット上でのNFTサービス展開に資金支援を行うグラントプログラムを発表予定です。誰でもNFTの世界に挑戦できるようバックアップしていきます。

今後の「パレット」のメインネットローンチなどの予定は?

現状メインネットのローンチについては、スケジュール通り準備が進んでおります。

今後もトークンではなく資本での資金調達をしていく予定はあるのでしょうか?

現状お伝えできる資金調達の予定はございませんが、今後もエクイティとトークンの両方で資金調達を行う可能性があります。

 

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察