FTXがエンタメブランド向けNFTマーケットプレイス開発へ、米ドルフィンと提携で

FTXがエンタメブランド向けNFTマーケットプレイス開発へ、米ドルフィンと提携で

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXが米ドルフィン・エンターテインメント(Dolphin Entertainment Inc)との提携を8月3日発表した。これにより両社はエンターテインメントをターゲットにしたNFTマーケットプレイスを開発するという。

ドルフィン・エンターテインメントは米ナスダック上場のエンターテインメントマーケティング及び制作会社だ。

発表によると開発を計画しているNFTマーケットプレイスは、スポーツ、映画、テレビ、音楽、ゲーム、eスポーツ、料理、ライフスタイル、チャリティーなどの業界のブランドが対象であるとのことだ。

ドルフィンのCEOであるビル・オダウド(Bill O’Dowd)氏は「現在のNFTの購入手段は不便である」とし、新たに開発するマーケットプレイスでは「ウォレットをマーケットプレイスで用意しシームレスな体験を提供」「クレジットカードや法定通貨決済など既存の支払い手段の導入」「カスタマーサポートの提供」などに対応すると、第一報を行った米メディアのバラエティー(Variety)へ語っている。

オダウド氏は「(私たちが開発するマーケットプレイスが)最も重要なのは、オンラインで購入できる他の消費者製品と同じ土俵にNFTをすぐに立たせられるということだ」と語ったとのことだ。

参考:Variety
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ryan-Fletcher・Molnia

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている