セリアAインテルがチリーズと提携しファントークン発行へ、ユニフォーム前面に「Socios. com」

インテルがチリーズと提携しファントークン発行へ

ブロックチェーン企業チリーズ(Chiliz)がイタリアセリエA所属のインテル(インテルナツィオナーレ・ミラノ)との提携を7月21日発表した。

リリースによると今回の提携により同クラブのファントークン「$INTER」がチリーズ(Chiliz)運営のファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」より近日中に販売されるとのことだ。なお具体的な日程については未定のようだ。

また「$INTER」販売に向け、インテルのユニフォームの前面胸部に「$INTER Fan Token by Socios.com」が掲出される。

インテルは1995-96シーズンから26年続いたタイヤメーカーのピレリ社とのスポンサー契約が2020-21シーズン限りで終了が決まっている。なお13日に行われた新ユニフォーム発表の際には新たなスポンサーロゴについて明かされていなかった。

チリーズのCEOであるアレクサンドル・ドレイファス(Alexandre Dreyfus)氏はリリースにて「インテル・ミラノのシャツのフロントは、この新しいパートナーシップの開始を促進し、$INTERファン・トークンが生み出すイノベーションとエンゲージメントの機会について多くの人に認知してもらうための最適な空間です。

これは特別なイベントです。クラブシャツの前面の名前が変わるのは、四半世紀以上ぶりのことです。その特権的な空間を利用して、インテルのファントークン発売を促進できることを非常に誇りに思います(一部略)」とコメントしている。

なおチリーズ(Chiliz)が運営する「Socios.com」ではブロックチェーン技術を活用し、プロスポーツチームがファントークンの発行と販売ができる。それによりスポーツチームは資金調達でき、またファンはファントークンを購入することでチームが行う投票企画に参加できる権利や、グッズなどを入手できる権利などを取得できる仕組みとなっている。

関連ニュース

アーセナル、チリーズのSocios. comでファントークン発行へ 

参考:ソシオスドットコム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/antoniokhr

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ