ジョージア政府がブロックチェーンでワイン管理、NFT化し売買も

ジョージア政府がブロックチェーンでワイン管理、NFT化し売買も

東ヨーロッパ、ジョージア(旧グルジア)共和国政府が自国産のワインをブロックチェーン技術を活用してトレーサビリティや売買を行うとして、米コインデスクが7月20日報じた。

ジョージア政府はブロックチェーン取引プラットフォームを提供するノルウェーのWiVテクノロジー(WiV Technology)と提携した。これにより同政府はこのプラットフォームを利用してワインの産地などの来歴とワイン自体を示すNFTをミント(鋳造)することで、投資家や愛好家がそのワインの出所を追跡したり、ワインに紐づいたNFTを売買できるようにすることを計画しているようだ。

ジョージアは世界最古のワインの生産地として知られており、ワイン造りは古来の伝統的な「クヴェヴリ製法」で行われている。同国政府は今回の取り組みを「自国のワインをより多くの人に知ってもらい、その評価を高めることを目指している」とコインデスクに説明したとのことだ。

またまたコインデスクによると、ジョージアでは全てのワインに認証を義務付ける新たな法律案が議会で可決されたばかりとのことで、WiVテクノロジーのCEOであるトミー・ジェンセン(Tommy Jensen)氏は今回の取り組みについて「ジョージアにとって大きなメリットがある」と語ったとのことだ。

参考: コインデスク
デザイン:一本寿和
images:iStocks/5PH

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した