S&Pダウ、240以上の暗号資産を含んだ新たな評価指数を発表

S&Pダウ、240以上の暗号資産を含んだ新たな評価指数を発表

世界有数のインデックスプロバイダーであるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(S&P Dow Jones Indices:S&P DJI)が、新しい「S&P Cryptocurrency Broad Digital Market(BDM)インデックス」を含む最新の暗号資産インデックスの発売を7月13日に発表した。このインデックスはS&P DJIが5月に発表したビットコインやイーサリアムのデジタル資産のベンチマークインデックス「S&P Digital Market Indices」の拡張の一部となっている。

BDMは暗号資産市場の幅広いパフォーマンスのスナップショットを提供し、発売時には240以上の暗号資産が含まれているとのことだ。

S&Pはリリースで「暗号資産市場は成長を続けており、それに伴い、暗号資産やブロックチェーン資産に基づいた透明性の高いベンチマークやインデックスベースのソリューションがこれまで以上に不可欠となっています。

デジタル・マーケット・インデックスは、投資家がこの新興のテクノロジー主導の資産クラスにアクセスして評価することを容易にするとともに、伝統的に投機的な市場に関連する一般的なリスクを軽減する可能性があります」と説明している。

S&P Dow Jones Indicesのイノベーションおよび戦略のグローバルヘッドであるピーター・ロフマン(Peter Roffman)氏は「100年以上にわたり、当社のインデックスは、市場がどのように機能しているかについての洞察を提供してきました。

今回、デジタル・マーケット・インデックスを導入することで、暗号資産投資家にその答えを提供することができます。

また当社のデジタルマーケットインデックスシリーズの拡大は、急速に成長しているこのアセットクラスの最も広範なスナップショットの1つを提供し、時価総額ごとに切り分けることができます。私たちは、暗号資産市場の透明性を大幅に向上させることができることを嬉しく思います」とコメントしている。

編集部のコメント

S&Pは5月に暗号資産関連の会計・税務サービス企業のルッカ(Lukka)と共同で、3つの暗号資産インデックス(指数)の提供を開始しています。その3つとは「S&P Bitcoin Index 」、「S&P Ethereum Index」、「S&P Cryptocurrency MegaCap Index」です。「S&P Bitcoin Index 」と「S&P Ethereum Index」はビットコインとイーサリアムの価格パフォーマンスを測定するためのインデックス(指数)です。「S&P Cryptocurrency MegaCap Index」はビットコインとイーサリアムの価格パフォーマンスを合わせて測定したインデックスです。

参考:S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio・SlavkoSereda

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。