インドのテックマヒンドラ、ワクチン追跡のブロックチェーンソリューションをグローバル規模で展開へ

インドのテックマヒンドラ、ワクチン追跡のBCソリューションをグローバル規模で展開へ

インドIT大手のテックマヒンドラ(Tech Mahindra)が、シンガポールとインド拠点のブロックチェーン開発企業StaTwig(スタ・トゥイグ)と提携したことを7月5日に発表した。

この提携はテックマヒンドラがスタ・トゥイグの提供するワクチンのブロックチェーントレーサビリティソリューション「VaccineLedger(ワクチンレジャー)」を導入し、同ソリューションをグローバル規模でのワクチンサプライチェーンの透明性のために展開するとのこと。

「VaccineLedger」はオープンソースのプラットフォームであり、グローバルなサプライチェーンで流通するワクチンを一本ごとにエンド・ツー・エンド(メーカーから消費者)でトレーサビリティーを実現するように設計されているとのこと。これによりワクチンの使用期限切れ、在庫切れ、偽造などを防止するという。また「VaccineLedger」の導入には既存のシステムを置き換える必要がなく、システム統合も容易であるとのこと。

また両社は今回の提携により、ワクチンの研究者、政府、製薬会社、流通業者、医療従事者などによるグローバルなコンソーシアムの構築を目指すとのことだ。

テックマヒンドラのEMEA(ヨーロッパ・中東・アフリカ)およびAPAC(アジア太平洋)地区のブロックチェーン&サイバーセキュリティ実務担当者であるラジェッシュ・ドゥドゥ(Rajesh Dhuddu)氏は次のようにリリースにて述べている。

「ワクチンなどの救命医薬品の無駄遣いは優先的に対処されるべきであり、ここでは効果的に解決策を見出すために協力し合う必要があります。スタ・トゥイグ社との戦略的パートナーシップにより、サプライチェーンの参加者は単一のアプリケーションでトレーサビリティーと一連の管理を強化することができます。これにより、ワクチン供給の安全性と有効性が確保されるだけでなく、各国の医薬品管理局が設定する複雑な規制要件の遵守にも役立ちます」

参考:テックマヒンドラ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/GEMINI-PRO-STUDIO・Who_I_am

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ