ステイクの紫電(Shiden)が、ポルカドット試験的ネットワーク「Kusama」へ接続し、メインネットローンチ

ステイクの紫電(Shiden)が、ポルカッドット試験的ネットワーク「Kusama」へ接続し、メインネットローンチ

ステイクテクノロジーズ(Stake Technologies)の開発するパブリックブロックチェーン「紫電ネットワーク(Shiden Network」がポルカドット(Polkadot)の試験的ネットワークとして利用されるクサマネットワーク(Kusama Network)に世界3番目に接続を成功したことを7月7日に発表した。また紫電ネットワークがメインネットへローンチしたことも発表された。

クサマネットワークに接続するためには、同ネットワーク上で開催されるオークションに勝利する必要があり、紫電ネットワークは3番手で勝利した。実績として4週間で約33億円相当のKSM(クサマネットワークのネイティブトークン)を集めた。

紫電ネットワークとは日本発のパブリックブロックチェーンであるアスターネットワーク(旧Plasm)とほぼ同じコードベースを使用して構築されており、ポルカドットの10分の1規模の試験的なネットワークであるクサマネットワークに接続することを目的に作られたブロックチェーンだ。

そして紫電ネットワークはクサマネットワークにおいてイーサリアム(Ethereum)やウェブアッセンブリー(WebAssembly)ベースのスマートコントラクトをサポートした分散アプリケーションのハブとなることを目指している。ちなみにポルカドットやクサマネットワークはスマートコントラクトを搭載していない。

今後週数間で紫電ネットワークのアップデートを行いパブリックブロックチェーンに必要な機能を随時追加していくとのこと。第一段階では主にクサマオークション参加者へのリワードの配布スクリプトの実装。第二段階ではネットワークの安定化とトランザクション、スマートコントラクト機能の追加。第三段階では異なるブロックチェーン間でトークンおよびデータの送受信を行うとのことだ。

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行